アクセルが戻らない、、航空機だったら、、、、


 600万台以上のトヨタ車がリコールで回収されることになったのはアクセルがいっぱい踏み込んだ位置で引っかかり戻らなくなって、暴走して死亡者が出る事故があったからだそうです。

 車でさえ非常に危険な暴走に入ってそら恐ろしい事態ですが、同じようなことが航空機で発生したらどうなるのでしょうか。

 昔、石川県の小松基地所属のF104がこの例と同じようなトラブルに見舞われたことがあったそうです。

 小松基地を離陸したF104が車で言うとことのアクセル、航空機ではスロットルがマックスパワー位置で動かなくなってしまったそうです。

 この状態ならばまだ良かったのですが、燃料を早く消費して、機体重量を軽くしようとさらに一段前のABポジション アフターバーナーを点火して超音速飛行にするポジションに入れたところ、さらに悪いことにその位置でスタックしてしまったそうです。

 F104はエンジンがひとつしかありませんので、着陸するにはこのたったひとつのエンジンを燃料バルブを使ってとめるしかありません。

 ギアーとフラップは速度制限があって通常はある一定の速度以下で操作するのですが、それを無視してダウンし、抵抗を増やして速度を出来るだけ落としながらといっても400ノットや500ノットくらいは出てしまうのではないでしょうか、その状態でイチかバチの位置で燃料バルブを操作してエンジンを止めたそうです。

 エンジンが止まると通常の操縦油圧は失われて、操縦が出来なくなるので、胴体の側方へ小さな風車 ラムエアータービンというものが対気流を使って油圧を発生して操縦桿が動くような装置があるそうです。

 またエンジンが作動しているときフラップを降ろすとBLCと呼ばれる、エンジンのあっすく空気を主翼に沿って強制的に流して揚力を防火させる装置が作動するのですが、エンジンを止めるとこの装置が止まるために着陸操作が極端に困難になるとのことでした。

 エンジンを止める操作が若干遅かったのか、機体は滑走路 真ん中あたりに激突し、その速度は300ノット程度ではなかったかといわれています。

 機体は胴体部分で折れ、パイロットは残念ながら殉職されました。

 ヘリコプターがエンジンをコントロールできなかった例もあります。

 自分が訓練生で真冬に教官同乗で飛行、ベル47G2でしたが急にスロットルが動かなくなりました。47のスロットルはローターのピッチ角度に応じた出力を調整し、ローターの回転を一定に保つように操作します。

 ところが急にスロットルが言うことを効かなくなって、ローター回転数が大きく変動してしまいました。

 教官はあわてず騒がず、ヘリコプターの速度を操縦桿で機首を上げて落としました。そうするとヘリはゆっくりと降下していき、急にスロットルが効くようになりました。

 スロットルのケーブルとカバーのパイプの間にたまった水が上昇とともに凍って動かなくなったと教えてくれました。過去に経験があってご存知であったようで、さすがに経験者はあわてず騒がずで、基地に帰って点検整備を指示して一件落着でしたが、もし知らないで高高度を飛行していたら危険なところでした。

 米国のトヨタ車のトラブルでは引っかかって戻らなくなったアクセルが目いっぱいエンジンを加速して、恐怖のどん底という場面ですが、ここであわててエンジンキーでエンジンを止めたらさらにハンドルロックがかかってもうどうしようもないことでしょう。

 ちょっとした設計でのミスとも言えないような小さな行き違いが多数の人命を奪ってしまう恐ろしい文明社会です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

F104の事故は千歳基地で1963年4月10日、504号機と聞
いています。
ロッキードのマニュアルではエンジン停止での着陸は禁止されてベールアウトをするようになっていたようですが、当時のパイロットには高価な機体を捨てるのは忍びがたく持ち帰ろうとして残念ながらうまくゆかなかったようです。
戦闘機ならベールアウトできますが、他の飛行機では難しいですね。

No title

おはようございます
トヨタ車のアクセルペダル問題ですが、
そのようなときはNレンジにしてしまえば
アクセルは吹けあがりますがレットゾーン手前で燃料カットしますのでエンジンブローすることはありません また、エンジンを止めても最初の1踏みはマスターバックに負圧が残っているのでブレーキは通常操作できます(何回も踏むと効きが悪くなる) ハンドル操作は重くなりますがそのような時にハンドル操作をする必要はほとんど無いので影響はありません 車の運転においても航空機と同じように絵マージャンシー操作を義務付けしたら事故は減ると思うのですが・・

No title

Nに入れて、ブレーキペダルでの制動のは、80km/hいないかなとも思います。 十分車間距離が取れれいるならですが、160km/hのような状況なら、ミッション・シフトを下げて行き、同時にブレーキ操作かなと思います。ミッションが破損するのは、やもえませんが。

No title

状況によりけりでしょうけれども
高速時のシフトダウンは過度になるとオーバーレブを起こします
ドリブン側からの入力であった場合は燃料カットしても過回転を抑えることはできません なんにしても車間距離を十分にとる事と、過度な速度超過をしないのが基本でしょうね ミッション破壊は場合によっては車輪ロックの可能性があるので危険要素が含まれると思います。 おみぞ先生は飛ばし屋なんですか?(笑)

No title

日本国内では、道交法遵守であります。 某国では、そうかもしれません。笑。160km/hでも普通に追い越しかけて行く方おおいですから。

No title

某国では・・
思いっきり笑いました。

No title

qf1*4j F104の事故 私の間違いだったでしょうか。情報ありがとうございます。小松の夜間 雷撃大事故の後だったと思っていましたので勘違いだったようです。

No title

アクセル スタック事故はとっさのときどうするべきか後で考えても意見が分かれるほどですので、当事者はほとんどなすすべがないのでしょうね

No title

アクセルスタックの場合!現在のガソリン車(キャブ仕様でないもの(笑))は殆どの場合オーバーレブ防止用のリミッター回路が組まれているはずです。
その場合でも壊れるかと危惧するくらいエンジンはぶん廻っているはず(^^;....ですが。
Nレンジにして、ブレーキングが一番安全でしょうね。ブレーキがきいて安全に停止できることを確認してエンジンカット!でしょうね。

ただそれを冷静に出来るかどうか?.....

No title

>ただそれを冷静に出来るかどうか?.....

もしこれが航空機だった場合
冷静に判断できませんでしたでは済まされない
操縦ミス=犯罪者の扱いを受けるがあるのに
何で自動車の場合それが許されるのか不思議でなりません
冷静に対処できない人が運転免許を持つ事が一番の問題かと思います
極論ですが シートベルトなんかしようがしまいが、
酒なんか飲もうが飲むまいが
普通に対処できる人間なら規制なんて不要です
つまらない取締りをするよりも
免許制度を考え直したほうが一番事故を減らす効果があがると思うのですが・・

No title

実際問題!、現在の免許取得レベルでは対処は難しいでしょうね!、でもアメリカでの通話記録では携帯を取り出す余裕が有ったのですから.....
Nレンジにするくらいの時間は有ったでしょうに.....
発想が無かっただけなのか?。
仮にオーバーレブしたところで壊れるだけで(壊れて火災とかになる可能性は有りますけれど)、命はなんとか繋がったはずですよね!。

今日は関東地方雪降り!、明日の朝が見物だぜ(^^;...
夏タイヤで動く奴らが一杯、仕事休みにしちゃおう(^^)それとも重役出勤(爆)

No title

げー” 第3京浜通行止め・・
東名はチェーン規制・・?

うーん どうしよう 電車にするか通行止め解除を期待して車で行くか・・
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR