トヨタ リコール対象車の販売生産停止とヘリコプター


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000427-reu-bus_all

 トヨタは北米でのリコール対象車の販売と生産を一時停止することを決めたようです。この件はアクセルペダルがいっぱいに踏み込まれた状態で、フロアーマットが引っかかって戻らなくなるという、致命的な欠陥が表ざたになり、このような処置になってしまったようです。

 この欠陥が表ざたになるまでには、相当数の犠牲者が出ていたであろうことは想像できますし、当初は純正部品以外のマットを使用したり、2重にマットを敷くことが原因であると一部言い訳のようなことを言ってようでした。

 操縦系統のこのような欠陥で起こる事故は非常に悲惨で、絶対にこのようなことが起こり得ないような構造に設計するべきで、起こった事故に対して言い逃れをするような姿勢はいただけません。

 同じような事例はヘリコプターでも起こっています。
 
 AS350ではピッチレバーの付け根にヘッドセットの部品が挟まって、着陸時にピッチレバーが上げられなくなって、十分なパワーが入らなくなりましたが、幸いハードランデングですんだことがありました。

 ベル206Bではコパイ側の副操縦装置の操縦桿だけを取り外した状態では、連結部分がすこし出っ張っていて、持ち込み荷物や、乗客のかかとが当たって操縦に影響が出ることがしばしばありました。

 女性ヘリパイロットの草分けの岳ユミ子さんが十和田湖で低空飛行中、湖面に突っ込んで死亡した事故はこれが原因ではないとかと、噂になったことがありました。

 ヘリコプターに限らず車でも操縦装置に操作に少しでも障害が出るような構造は基本的には許されることではありません。

 デザインが良い 燃費が良い、高性能で安いなどというような条件以前に絶対的にあってはならないことでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR