ドクターヘリ 運航費用 読めない整備費、、、、


 ドクターヘリの運航原価のうちヘリコプターの整備にかかる費用が、故障の発生の仕方によって大きく変わりどの程度かかるか読めない点が、運航会社に大きな負担を強いる可能性があります。

 県警ヘリや防災へり 消防ヘリなどが県庁所有、そのコストが非常に高くつくのは、不意の故障に備えて多くの予備部品を持っていたり、予定していない故障や改修に多額の費用がかかるという面があります。

 ドクターヘリが民間運航会社とのヘリコプター持込による、契約運航なので、このような整備にかかる費用は一定の金額を載せての契約となっていますので、不意の大きな故障が発生すると、単年度の利益どころか、数年先までの分まで飛んでしまうという危険性があります。

 ドクターヘリに使用されるヘリコプターは比較的設計発売時期が新しいものが多く、おおむね点検間隔が長く、さらにはエンジンやメインローター、ギアボックス、テールローターなどコンポーネントの点検間隔が長く設定されていて、1000時間程度はほとんど何の整備もしなくても良いようなヘリコプターです。

 ということは新造機を購入して、ドクターヘリの運航を受注すると、年間200時間くらいしか飛ばない実態では、整備にかかる費用は本当に少なくてすむことになります。ただしこれは予防整備と言って飛行時間や年月で点検する最小限の整備にかかる費用であって、不意にまたいきなり故障するようなときに、修理や交換によって発生する費用というものはほとんど予想できないという実態があります。

 ただしその不意の故障によるものについては、ヘリコプターやエンジンメーカーの保障を受けることが出来る内容もあって、実際に整備にかかる費用を特定することはかなり難しいでしょう。

 さらにドクターヘリの運航契約は最長でも5年契約程度で、普通は単年度契約ですので、このような故障に付随する整備費用の過多はほとんど博打状態で、下手をするとエンジンの故障などが起こると、数千万円の修理費と修理中に使用するレンタルエンジンの使用料金などあっという間に5千万円単位の費用が飛んでいってしまう可能性があります。

 かといって官庁の防災ヘリ運航部署ではほとんど持っているような、1億円近い予備エンジンを持てるヘリ会社などはそうそうありえないでしょう。

 つまり使用するヘリコプターの故障の発生がなければ、運航会社はぼろもうけとなり、故障の発生が続けば、即、倒産の危機という実態が起こる可能性があります。

 しかもこれは新造機購入から、5年間 千数百時間まですらこの実態なのに、さらに年月が過ぎて2千時間3千時間 さらにはヘリコプターの耐用年数が来る10000時間程度になってくると、どれほどの整備費用が発生するか予想もつかないかもしれません。

 これがベル社やシコルスキーなど長い年月の実績のある、1万時間を有にに越えるヘリコプターを数多く飛ばしたメーカーのヘリは1万時間までの整備費用がかなり正確に読めるという安心感がありますが、最近に売り出されたヘリコプターには一抹の不安が付きまといます。

 かといって25年 10000時間の契約などということもありえませんが。

 自衛隊ヘリ 防災ヘリ 消防ヘリ 県警ヘリなど官庁は少なくとも耐用年数、飛行時間の限度を25年 10000時間などと設定し、その間に発生する点検整備 主要部品交換回数、一定の故障の発生などをあらかじめ設定して、長期的な予算編成をして、確実な点検整備を行う経済的な裏づけを行って、ヘリコプターを良好な状態で維持管理できる体制を行っています。

 単年度契約のドクターヘリが果たしてこのような長期的な整備体制を保っていけるのかどうかかなり疑問でしょう。

 ならばヘリコプターは県所有とし整備費用は県が負担し、運航のみをヘリ会社に委託することがよいのでしょうか。しかしそれでは費用が高くつきすぎることは目に見えています。

 なかなか 難しい問題点でしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100124-00000000-sh_mon-bus_all

新聞社もヘリを手放す時代が来るのか・・?

深刻な問題かと・・

No title

やはり機材の統一、一元管理が費用削減には必要かと思います。
パーツなどは全国に3~4か所の拠点を設けての在庫管理が良いと思うのですが。

No title

punpun0461さん 新聞社は近い将来破綻するのではないでしょうか。おごれるもの久しからずで消化、どのように破綻するのかわかりませんが、社会に大きな影響が出るか静かに消滅していくか100年の歴史がいずれ終わるのでしょうか。

No title

q​f​1​*​4​j​ さん 弱小ヘリ会社といえども民間企業なので、競争はしても協力することは難しいでしょうね。下手をするとつぶしあいですから、、、、
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR