延岡市 空飛ぶ車医療用に8億円、、、、

空飛ぶ車延岡

 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC031D90T00C24A3000000/

 ドクターヘリ過疎地域の宮崎県延岡市が空飛ぶ車を医療や防災目的に2027年導入を目指して5年間で8億4千万円をぶち込むという、ほとんど気違い沙汰の浪費をするようです。

 現在あるドクターヘリならほぼ3年間飛ばせる金額ですが、ほぼ全額どぶに捨てる行為ですが、万一実用化すればノーベル賞を十回も受賞できるような発明でしょう。

 奈良県では防災用地に準備した30ヘクタールの用地を1ヘクタールだけヘリポートにして後の25ヘクタールに太陽光発電のソーラーパネルを敷き詰めて、その電気でバッテリーに充電して被災地へ空輸して使うという、これまた超ド級の頭の不自由な知事がおかしなことを言っているようです。

 政治家は政治が仕事で、はした金で科学や技術をコントロールできると思っている、頭の不自由さは歴史的なアホさ加減を表明しているのですが、これは未来永劫語り継がれることでしょう。

 空飛ぶ車が実用に耐えられる程度まで発展し、社会に貢献できるようになるかどうかは、技術や化学が決めることで、ハイブリッド車や電気自動車に国民の血税を補助金という名目でつぎ込み、間違ったエコ思想を吹き込んで利権を使って間違った方向で導き、結果技術の発展を遠回りさせる行為は反社会的と言えるでしょう。

 現在、世界的にEV車が急速に衰退して中国やヨーロッパが行き詰っていることや、地球温暖化、石油枯渇、コロナなどがいかに嘘であったかが表面化してきているようです。

 補助金漬けによる様々な行政活動には、かならず正誤があるようで、私が見るところではほぼ50%以上は利権目的のように見えるのですが、空飛ぶ車を5年後にドクターヘリのような医療活動に使えなければ8億円を返せと約束させた方がよさそうです。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

奈良知事もAFO

元は滑走路を備えた防災拠点を整備する計画なのにアホ(AFO)知事が就任後、滑走路ではなくでメガソーラーを整備するなどと言えば地元住民が激怒して対立するに決まっているでしょう。  自然破壊は止めないと人工物は景観も悪いから醜い町になるよ。 地権者や地元の方頑張って欲しいです。
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR