ドクターヘリ 運航会社の選定は、、、、、

和歌山ドクターヘリ (349)

 民間ヘリや民間ヘリ会社の運航要員を使う、防災ヘリやドクターヘリは大小さまざまあるヘリ運航会社をどのように選ぶかと言う難しい選択があります。

 どのヘリ会社を選ぶか、どの型のヘリを選ぶかということが長い将来にわたって無事故で飛べるかという、未来を見通せるならこの会社を選ぶのではなかった、この機種のヘリを選ぶのではなっかたという厳しい現実が起こりえるからということになります。

 現時点では各運航会社が飛ばすヘリ型式がほぼ決まっていて、ヘリを選ぶということが自然と会社を選ぶという選択になることが多いようです。

 ヘリ運航会社は同じヘリを数多く買って飛ばすと好条件で買えるほか、予備部品などが同じヘリだと少なくて済むという条件もあり、ほぼ同じヘリを飛ばしているので、病院や県が各種ヘリの性能や事故歴などを調べて、ヘリを選べば会社は決まってしまうということになります。

 というか、最近になるまで全国に普及させるのに、ヘリ会社やパイロットなどの従事者の数が十分でなく、それほど競争が激しくなかった関係で激しい競争はなかったのですが、すでに全国への普及が終わった今では、会社やヘリの特徴や、各社各機の運航上の不具合などの情報も広まり、今後はかなり激しい競争になると予想されます。

 病院や県、医療関係者も20年のヘリ運航で相当な情報を得ていて、ヘリ運航を見る目が肥えてきて、運航会社やヘリの機種を変更するところも出てきているようです。

 20年前の運航を始めたころは、ほとんどヘリ会社やヘリのメーカーや商社の言いなりでほぼ何も知らない状態だっとことは運航側にとっては大変有利な状態だったのですが、今後は実力の勝負となると思われます。

 つまりはヘリの安全性、性能、パイロットなどの運航従事者の実力などが正しく評価され、運航会社の選定基準となるでしょう。

 運航料金は厚労省一括の予算制なので、料金に関する競争は当分の間はなさそうですが、いずれは料金を含めて正しい競争契約となり、優秀な従事者を抱えるまともな会社が生き残ることになりそうですが、それにはまだまだ時間がかかることでしょう。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR