うずらの卵で窒息(2)、、、

海タイトルなし

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%89%E9%A0%AD%E9%8F%A1

 福岡県みやま市の小学生の窒息死のニュースは反響が大きくて、多くの方がネット記事への書き込みをしています。

 急に喉を詰めて時間勝負の救命処置が及ばず、尊い命が失われた今、なんとか救えなかったのか、あるいは喉を詰めるような食材は避けるべきであるとか、多くの意見があるなか、救急医療に携わるものとしては救命できる可能性を高める努力が必要でしょう。

 今日の写真はドクターヘリに乗り出して1年半ほどしたときに、三重県の海岸で溺れた小学生の救命に飛んだとき、たまたま読売新聞の記者が現場にいて取った写真です。

 砂浜に引き上げられたばかりの患者にドクターナースが全速で走って言ってすぐ、ナースが整備士に「吸引器持ってきて」と怒鳴り、整備士はヘリの中から、吸引器を取り外して、急いでヘリから飛び降りる瞬間を撮したものです。

 無線機を持って出たお腹を突き出してふんどりかえっている青いフライトスーツは自分なのですが、実はヘリに不審者が近づかないように見張っているのですが、、、、

 すでに消防隊は心臓マッサージを続けている中、ドクターナースは点滴のルートを取り、強心剤を投与して、整備士が持ってきた吸引器で肺の中の海水を吸引したようです。

 そして、気管挿管して酸素投与を始めたのですが、心拍が戻らずヘリは諦めて、救急車に収容するべくストレッチャーにのせ移動させ始めました。

 その時 看護師さんが最大の大声で心拍戻った、、、へりやー、、、と叫びました。

 その後一月ほどして、チーフのフライトドクターが私に、喉頭鏡、90万円しかしないのに、、、、やっと買ってくれましたとぼやきました。

 その実物はしばらく待機室に置かれて、取り扱い方のビデオとともにありましたので、参考にビデオを見ていました。

 ヘリやドクターカーに救急用の医療器具や薬品類は何を乗せるかが大変重要で、安全確実に気管挿管するための喉頭鏡は大変重要な医療器具ですが、医科大学病院でさえ90万円の機材がなかなか購入してもらえなかったようです。

 1分1秒を争うドクターヘリやドクターカーには必要な機材薬品を厳選して搭載し、結果一人を救えば1000万円にもまさる結果が出せるのですが、、、、、

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR