松阪市 ついに救急車有料化へ、、、、

和歌山ドクターヘリ (624)

 https://news.yahoo.co.jp/articles/19e86bf6f06ad4886e99104c5d53046fa9a8f2b7?page=2

 三重県松阪市が軽症患者が救急車を使用した場合、一回に付き7700円徴収すると決め、6月から実施するようです。

 色々と条件は設定するようですが、原則 入院に至らなかった患者は軽症とみなして徴収する他、ドクターが救急車が必要と認めた場合は入院しなくても免除するようです。

 タクシー変わりに救急車を呼ぶ不届き者を減らすため、救急車の適正使用を図るためとはいえ、世界的に良い制度が崩れるということになりそうです。

 埼玉県の防災ヘリの山岳遭難の救助出動はしばらく前から有料となっていましたが、今年から値上げされるようですから、いずれドクターヘリ有料化も検討する県が出るかもしれません。

 ドクターヘリの場合、年間2億円などで運行契約しているような場合が多く、一回あたりが100万かかるからと言って回数を減らしても飛行時間が少なくなっても支払金額が下がることはないので、搬送される方は全く気に留める必要はないでしょう。

 更にヘリを使うか救急車にするかどうかは消防が判断しますので、ドクターヘリの載せられる方は今のところは支払いは気にしないで良いと思いますが、大阪の維新や愛知県の知事は有料化を言い出す可能性があると見ています。

 ヘリも救急車も重複した出動要請で、真に必要な患者さんへの対応が遅れる可能性があるという点が重要なのですが、重複した場合の対応はそれぞれ、基本的な事柄なので、ヘリに限らず救急車も隣の県や管轄への相互応援体制ができているはずなので、必要な要請は遠慮しないで、迅速にということが基本です。

 手遅れになって、、、という事態はなんとしても避ける必要があります。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリック よろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

5分6千円

どうせ保険入ってるんだから、金取りまくれば良い

観光ヘリより高くても、乗るやつは乗る!

No title

No title

7700円は高い。私は反対。今後、高齢化で救急要請する頻度は確実に増える。
救急搬送が無料なのは日本だけでこの制度は維持して欲しいです。 海外では保険に入っていないと高額請求されます。 

昨今の経済力の低迷ともに個人の常識とか分別が希薄になっていることが関係しているのか。 今年は、元旦早々徐脈で119にかけて相談。 その後、主治医の指示で経過観察でした。 後日、#7119にかけたがつながりませんでした。 

松坂市の真似をする自治体が現れないことを願う。  

でもね 日経平均株価が上がっているから2024年の日本はまたバブル以上に徐々に回復するよ。 大手企業の大卒初任給30万円でしょ。 平均物価上昇率2%だけど実際は政府が補助金出しているので実質4~5%のステルス上昇で政府の補助2%がなくなったら手取り20万ぐらいでは生活に支障がでるし年金生活者では足りない。 賃上げストライキでもしないと生活も大変。

すでに中国vs米国の冷戦に突入し金融ハブは香港から東京に戻るよ。 米国はインフレでバブルだがいずれ終わる。 中国は30年前の日本に逆戻りで今後、世界経済をけん引するのは技術のある日本です。  国民にお金が回ればゆとりが生まれて しょうもない有料化はいらん となればいいな。 

有料化で更にタクシー化するかも

初めまして。
お袋の介護で、救急車を使って良いレベルなのか判断出来ない状況がありまして、、、
患者輸送を手配したくても、直ぐには呼べない地方です。
もし、緊急じゃなくて有料と判断されても、使いたい場面ってあるンですよ。

でね。ドクターヘリ有料化。
1~2万円程度だったら、払っても乗りたい ♪
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR