オスプレイ 全機飛行停止、、、、

オスプレイ5

 https://news.yahoo.co.jp/articles/65ba245998da783f34d577c0f8978fece0df2cba

 米軍は世界中で運用しているオスプレイ全機を飛行停止したと発表したようです。

 墜落してからほぼ1週間も過ぎ、左翼メディアは内心遅いといらだっていたと思いますがかなり控えめの報道姿勢だったように見受けました。

 普段なら、ギャーギャーと喚き散らすような大きな出来事なのですが、第三者に被害がなく、素人のメディアには激しく追及するほどの知識がなかったのか、原因を理路整然と報道できるだけの知識もなかったのでしょう。

 さてオスプレイは今後どうなるのでしょう。

 今から遡る事、30年以上前、アメリカからベル社のテストパイロットがユーザーサービスで八尾空港へきて、パイロットからベル社のヘリに対する疑問や質問、希望などを直接聞くという会議が持たれたことがありました。

 当時は多分、オスプレイ開発の最終段階で、部門が違っても、テストパイロットならいろいろ知っているだろうと、拙い英語でちょっと聞いてみたことがありました。

 飛行機モードで長いプロペラを前方に向けて飛んでいて、着陸のためヘリモードに変えようとして動かなくなったどうするのだというのがその質問でした。

 緊急脚下げのハンドルのようなものを回すのかとも思ったのですが、答えはプロペラの向きを変える油圧系統はエンジン駆動が2系統、電動ポンプ系統が1系統、計3系統あるので、同時に3つとも故障することはありえないので、必ずヘリモードに変換できるというのがその答えでした。

 今回の事故では飛行機モードからヘリモードに変えてすぐに、片方のプロペラの推力がゼロとなって、ロールを打ったようですから、飛行機モードのまま、プロペラを破壊しながら、飛行機のように強行着陸すれば、死ぬことはなかったかもしれません。

 御巣鷹山のジャンボはしっぽのところに3系統の油圧ホースが通っていて、全部切れて操縦不能になって墜落しましたが、大型ヘリは2系統はしっぽまで行っているものの、1系統はローターだけを動かすようになっていて、最悪何とか着陸できるようになっていますので、ヘリのほうが進んでいるということになります。

 さてオスプレイの今回の事故の内容は墜落直後からほぼわかっていて、今後どのようにするかは、メーカーの技術者を含めて軍や政府など全員集まって協議したことでしょうけれでも、有効な対策が決められないまま、飛行停止せざるを得なかったのでしょう。

 オスプレイよりいち早く、ほぼ50年も前から開発をはじめ、ベル社がオスプレイに集中するためにイタリアのアぐスタ社に譲ったAW609はいまだに実用化できず、下手をするとこのままオスプレイとともに消える運命にあるのでしょうか。

 AW609は20年ほど前には実用化が近いと、売り込みもあったのでぜひ乗ってみたいと思っていたのですが、運がいいのか悪いのか、もし乗っていたら今まで生きていなかった可能性も高いかもしれません。

 パイロットは乗る飛行機の種類によって運命が決まり、下手をすると最新鋭機と運命を共にする可能性があります。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

陸自のオスプレイは30機も購入して佐賀に配備したけど全機運用停止なら初めから実績のあるCH-47を配備すれば間違はなかったのに、、、と思っています。  なぜなら、配備前からトラブル続きの機体で機種選定を進めた防衛省は先見の目はないように思える。 

沖縄県民、知事、マスゴミが危ない、危険だっ、飛行中止要請 って騒ぐことは米軍機がトラブル度に騒ぐので今更始まったことではないでしょう。 

防衛省は米軍と歩調を合わせるような同型機を導入すれば問題がないような安易な考えならそれは間違いであり、日本の防衛予算を考慮すれば無理に高額な欠陥機を導入する必要もなく、無駄な買い物にはならなかったのでは、、、。

空自と海自の航空部隊はその道の専門家なのでオスプレイは欠陥機ということは知っているはずでハイブリッド機の運用は鼻から否定的だったのでしょうね。 陸自が運用上、事故のリスクのあるオスプレイを選択した理由は単に離島への兵員輸送任務の時短を目的だけでしょうけど欠陥機と以前から判明したのにウイドウメイカーを運用する乗員にとってはいつ事故に巻き込まれてもいいようにそれなりの教育を受けているのでしょうけど、命の保証は今後もないでしょう。 そのような航空機は空飛ぶクルマと同じでいつ落ちてもおかしくないでしょうね。

べる社はクラッチ駆動機構の改良ができず引き伸ばした結果が今回のような参事を招いたのでは、、、いずれにせよEU諸国の航空機メーカーに市場を奪われいずれ押忍プレイは消えるだろう。  このオートローテーションの仕組みがなく、推力から揚力、揚力から推力に変えて飛ぶ発想には強度的に無理があった という結果に終始するのでは、、、。 単純にセスナ機のプロペラの数倍の長さと荷重があってそれを1軸でぶん回すんだから、ブレードのバランスが崩れたらあっという間にぶっちぎれて壊れるのは当然でしょう。

今後の日本の離島防衛どうするの??
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR