ヘリコプターの離着陸、、、、

基地病院 (52)

 ヘリコプターは前にも後ろにも真横にも飛べる便利な航空機なのですが、前には最速150ノットで飛べる機種でも横方向や後ろへは30ノット程度が限界でそれ以上の速度を出すと、操縦不能になって墜落する危険性が高くなります。

 いきなり墜落するわけではなく、限界の速度に近づくにしたがって、操縦かんの作動範囲いっぱいを超えないと姿勢が保てなくなったり、最大パワーでも浮いて入れなくなる限界に近づくようになります。

 そういうことなので30ノットの横風なら、じっとしていても墜落しかねません。

 またヘリの重量が重いほど限界値は小さくなることが普通なので、危険性が増すことになります。

 また限界値は風の場合は突風の一瞬でも立て直せなくなる可能性があります。

 またヘリには地面効果と言う特性があって、2.3メートル以下のホバリングでは、吹き降ろし風が地面に反射してヘリを持ち上げているので、より少ないパワーで浮いていられるのですが、5メートルを超えると地面効果が極端になくなって、10メートル以上でほぼ地面効果はゼロとなり、大きな馬力でないと浮いてられなくなります。

 と言うことでヘリの離着陸は、地面効果ないホバリングの高度まで、横風の影響が大きく変化しないように、低い高度のまま直線で進入し、直線で離脱します。

 つまり、ヘリの離着陸で、高いホバリング高度の10メートル程度のところで方向を変えることは、非常に危険な行為で、日常的にそのような操作をしていると、秦野の事故の二の前になりかねません。

 障害物のためなどで、どうしても高い進入、高い離陸が必要なら、向きを変えないでそのままの方向を維持することをお勧めします。

 本来なら、規定通りにホバリング高度1メートルまで、まっすぐ直線で進入離陸することが大原則で、接地のために向きを変えるなら規定のホバリング高度1メートルで、向きを変えるべきなのですが、ユーチューブな度に投稿される動画はほぼすべて、大原則を無視した危険な離着陸を繰り返していますが、だれか指導する上司、先輩はいないのでしょうか。

 投稿動画を見ていると10メートル化20メートル程度の高度でホバリング旋回をする動画が一番多いようですが、10メートルから20メートルがいったん落とされたら回復ができない、一番危険な高度です。

 このような小言を言ううるさいパイロットがいないのでしょうけれども、危険を危険と思わないパイロットが多いようです。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

初めましてヘリコプターの整備士を

初めまして、松浦と申します。
現在航空専門学校にてヘリコプター整備士を目指して頑張っております。就職に第一希望消防を希望しておりましたが消防はなぜか1整からの募集が多く警察に考えを変え来年就職活動をしたいと考えておりますが地元の警察の募集今年あり来年はなさそうでおそらく選べるほど募集は無いように思います。まだ民間でも迷ってる会社もありそこでお分かりでしたらドクターヘリパイロットをされておられたとございます最初から民間1本での事でしたでしょうか。受けたい希望は長野や山岳が多い所を考えますが学校の話では山岳はかなりの規制があり休みも連休は少なくあまり遠くにも行けないなど聞きました。生涯の事なので中々簡単には決めれないのですがもしよろしければ色々教えて下さい。やはり大きなヘリを整備したく思いますが警察では外注も多いとか..しかし民間では整備部門に確実に行けるか?など土木は板金、荷上げなどに回る場合もあると聞いたりしており悩んでおります。よろしくお願い致します。
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR