北海道 八雲で5人死亡の交通事故、、、、



 https://news.yahoo.co.jp/articles/9e00ec568517684a2e40d4147761a05e33e1aa90

 北海道 八雲でセンターラインをはみ出したトラックとバスが正面衝突し5名もの方が亡くなるという大事故が起きました。

 この事故に際して、同じような事故の再発防止策や、救急医療、事故原因とドライブレコーダーなどいろいろなことがあぶり出されてきています。

 バスに続いて走っていた車のドライブレコーダーが衝撃的な衝突の瞬間をとらえていて、この動画はいわゆる、報道面でも事故原因究明でも一級の価値のある動画で、ドライブレコーダーや防犯カメラの普及がいろいろと役に立つ実例で、航空機にもいち早い導入が必要なのですが、残念なことに当局の動きは鈍いようです。

 どんな方法でも事故の正確な原因がいち早くわかるということは、同じような事故が起きないようにするための一番重要な情報で、しかも報道の面でもこのような動画を流せるかどうかが、テレビ新聞のニュース価値を高めるうえで大変重要な点で、いわゆる視聴者スクープ情報が、事故後に多数飛ぶ取材ヘリの動画よりはるかに重要な動画となります。

 北海道の八雲は温泉地でありかつ噴火湾の漁港でもあっておいしい毛ガニを味わうことができる田舎町です。

 50年も前に植林地のエゾ松トドマツの幼木の食害をする野ネズミを駆除する仕事でお世話になったことがあり、航空自衛隊の緊急用滑走路があるほど比較的平らな広い土地で道路は居眠り運転に最適の地形です。

 ということで片側1車線の田舎の高速道路と同じように、高速で対向車線に飛び出すと相対速度150キロの激突となり、飛びこまれたほうは逃げ場がなくて、双方、命はありません。

 運転手に居眠りをするなと言っても生理現象は防ぎようはなく、ヘリのパイロットも同じような傾向が強いのですが、ヘリはあまりぶつかるものがなく、危険性はましなのですが、それでも送電線パトロールや生コン上げ下ろしをしていても寝てしまうことがありました。

 運転手という仕事も同じように居眠りとうまく付き合いながら走るのはヘリパイロットも同じだと思うのですが、できれば早く、センターライン維持機構や、逸脱警報、居眠り検知など普及をするとともに、センターラインを踏んだら大きな振動と音で警告するような仕組みも必要でしょう。

 一つの現場で短時間に5名も亡くなるような大事故では、1機のドクターヘリ、1名のドクターではとても対応できない恐れがあり、近隣のドクターヘリやドクターカーなどを投入する仕組みを整備したり、ドクターヘリが往復して多数のドクターを運ぶようなこともぜひとも必要でしょう。

 数多くの面で、多くの改善点があぶり出されるとは思いますができることからすぐに実行することは一人でも犠牲者を減らすことになるので、セクショナリズムにとらわれずぜひとも早く実行してほしいものです。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR