大阪府警 無車検で2500キロ走る、、航空機は?、、、

朝日時代 (24)
  写真は大阪府警のヘリではありません、  某県警のヘリです。

 https://news.yahoo.co.jp/articles/f21d05472872deddc3744d0dea71c11ca87f44a1

 ポカミスはどこにでも起こりますが、法律が絡むと謝って済むなら警察はいらないということになります。

 大阪府警が捜査用に使っていた車の車検を見過ごして、約1か月2500キロ走ってしまったそうです。

 一応法規違反なので運転手は6点の減点、自賠責が同時に切れていると12点で一発免停だそうですから、1か月の間に運転した者はすべて運転業務日誌でバレますので、全員罰金を支払うことになります。

 これだけでも相当な汚点ですが、ほかにもパトカーの車検証が亡くなったまま走っていたのと、もう一台車検切れで走っていたことがばれていて、今後厳正に運用すると謝罪したのですが、再度言いますが謝って済むなら警察はいらないということを強調しておきます。

 これと同じことは航空機で起きるかというともちろん起きるということなのですが、スピード違反で止められることはないので、点数を引かれて罰金はなかったようです。

 1か月150時間も200時間も飛んで、原発につながる大送電線の工事が集中していた当時、車の車検に当たる、耐空検査を受けることを整備管理が見過ごして、1月、100時間以上飛んでしまったそうです。

 耐空検査は1年が期限で当時は3週間くらい準備の整備点検を行い、検視官が会社に来て、書類検査を半日以上行い、その後、地上で機体の検査をし、次は同乗して試験飛行を行って、各種系統が正しく作動し、誤差の範囲に収まっていることを確認して合格となり、翌日くらいに耐空証明書を受け取って晴れて飛べることになります。

 飛行記録を正確に残すことになっていますので、100時間はさすがにごまかせなくて、自首したそうですが、たしか、検査官もさすがに困って飛行記録を改ざんするように指示したと聞いていますが、、、、、

 耐空証明のない飛行機を飛ばすとパイロットが処分されるようですので、飛行前の確認事項にカバンいっぱいの書類をチェックして、天候をチェックして、重量重心、燃料、オイル、と全部きっちりすると離陸前に半日かかります。

 ドクターヘリは3分で離陸しますので、できるだけ朝の点検で済まし、本当の離陸前は最小限となります。

 いかに最小限と言えども、いち早く離陸するためには、どこへ飛ぶのかと、天候は行けるかが絶対に必要な情報なのですが、どこかのドクターヘリはパイロットにどこへ飛ぶかをいち早く教えないで、「ドクターヘリエンジンスター」 とか、患者の症状はどうしたとか、アホなことを言っている現場もあるようです。

 出動要請が入りましたので、まず 耐空証明書から確認します、、、、、、、、アホか!!

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR