ヘリコプターの航空無線、、、

関空

 訓練生として飛び始めたとき、あまりに多くのことを覚えるというかマスターするというか、一挙に重くのしかかってくることに航空無線のことがあります。

 航空学生の場合は2年近くも準備教育があって、それなりに準備できていると思ったのですが、航空無線のことがなかなかむつかしかったように思います。

 航空英語の問題と航空無線機のノイズや聞き取りにくさの問題、そして相手が何を言ってくるかわからない場合のむつかしさなどがあります。

 固定翼機の場合は管制官とやり取りする言い回しは離着陸時の地点地点でほとんど決まったことばかりなので、ノイズが多かったり、管制官の個癖の問題などがあってもある程度はわかりやすと言えるでしょう。

 これは外国へ行くと必ずしも日本と同じような言い回しとは限らず、基本通りの言い方でない場合もあり、あるいは私が飛んだインドネシアでは特有の訛りの強い英語など聞き取りにくいことも多々あったようです。

 さらに日本でも海外でも、ヘリコプターは固定翼機のようにいつも同じパターン経路で離着陸するとは限rず、航空管制用語以上に一般的な英会話能力が必要なようでした。

 このようなやり取りがノイズの多い航空無線にの波に乗って、飛び交いますので自分が呼ばれているのか違うのか、あるいは管制指示が出たのか他機へのものなのかなど難しい面がありました。

 日本国内でも無線機が2台同時運用になってからは、2波が同時にかぶることや、相手が自機の状況にお構いなく呼び込んでくるなど難しいものがあります。

 2波同時に受信したら聖徳太子の10人どころか2波ですら聞き取れないのが普通です。

 空港の管制塔へ見学研修に何回か出かけて実際の運用を見せてもらったことや旅客機のコクピットの無線の状況を見せてもらったこともありますが、ヘリコプターの騒音の大きさに比較して大変静かで、無線の聞き取りがしやすい環境であることに驚いたものです。

 ヘリはジェット戦闘機並みの騒音で大変聞き取りにくく、初めて飛んで無線を聞いた時には何を言って言うのかほとんどわからないと思ったものですが慣れれば聞き取れるようになってくるものでした。

 自機からの送信内容に対して、帰ってくる内容はほとんどが予想できますので聞き取れますがいきなり想像していないことをしゃべられるとうまく聞き取れないもので、ベテランになるにつれて、あるいは管制官の癖や声まで覚えるようになるということを聞かなくても内容が理解できるようになるものです。

 定期便や固定翼機が管制塔とかわす通信内容はほとんどが定型通りで聞き取りやすいのですが、ヘリの通信はイレギュラーばかりでなかなかむつかしく誤解も多く発生するようです。

 今日に記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。


 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR