物資輸送中のちょっと面白い話、、、、


 ヘリコプターで飛ぶ仕事を長くやっていると、たまに、予想も出来ないようなことに出くわすことがありました。

 それがただちに危険に結びつくようなことも、ありましたが、それ以外にも、ありゃ なーんと なんて言う風なことにも出くわしました。

 ひとつには、大阪 金剛山の山中にある、とあるお寺の水洗化工事に際して、浄化槽を掘った穴の中へ据え付けた時のことです。

 大きさが7メートル×5メートル×3メートルもの大きさで強化樹脂で出来ていて重さが1,1トンくらいでした。

 地形の関係で吊り下げワイヤーを20メートルと長くして、吊り上げたら荷重計が1,3トンもさしています。

 ヘリの自分の吹きおろしたダウンウオッシュが浄化槽に当たって荷重が増えているようでした。

 何とか、制限パワー以内の出力で、ホバリングして据え付けることができました。

 これで、ダウンウオッシュが、荷重を増加させるということを、身をもって体験したのですが、同じような仕事が数ヵ月後、六甲山であり、前もって 重量を、1,1ということを念を押して現場へ入りました。

 吊り上げてみると、なんと1トン500キロ、浮くのがやっとでとても据え付けられません。中に水が入ってないかとか、本当に1,1トンなのかとか、いろいろやって見ましたが、前回より少しだけ大きさが大きかったようです。

 業者さんに謝って、後日 より大きい 214Bを持ってきて何とか工事を終わることが出来ました。

 荷物の形状で、荷重が増加することは、わかっていましたが、これほど大きく変わるとは予想できなくて、失敗した例でした。


 もうひとつの話は、まったく逆の例ですが。

 黒部の水害の復旧工事で、5メートル角の鉄板をはこんだ時の話です。332で吊り上げたら荷重が3トンを指しました。縦に吊り上げるように、荷造りしてあります。また飛行中安定するように、回らないようにしてあったと思います。吊り上げて、加速しても 60ノットしか出ません。

 鉄板は風を受けて 凧のように 45度くらいになびいています。

 なんと、荷重計を見たら、1,5トン しか 指していません。 1.5トンの揚力が発生しています。

 飛行機 飛ぶわけですねーーーー(自分で納得)


 つまらない 話でした(笑)
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

いろんな仕事してこられて凄いですね、これからも辛口批判楽しみにしてます。
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR