旅客機 前車輪なしで着陸成功、、、





 ミャンマーで前の車輪が出なくなった旅客機が無事着陸に成功したというニュースが流れています。

 パイロットがうまく着陸したと称賛されていますが、過去に同じようなトラブルで横転したような例はあまり聞いたことがありません。

 日本国内でも中日本航空の定期便が高知空港へうまく着陸した例があります。

 同じようなトラブルでも、主車輪の片方が出なくなったら大変で、下手をすれば横転して火災という恐れがあり、実際には空自のT1がこの状態で無事に着陸した例があります。

 前車輪が出ていてもステアリングが壊れてタイヤが横を向いたままロックした例がユーチューブで出ていましたが、前輪が付くと同時に滑走路から飛び出しかねませんが、これもうまく滑走路内で停止したようです。

 実は私もT33で2回もギアのトラブルに会っていて、一度は滑走路からタクシーウエーへ旋回中に前輪と左の車輪が引っ込み、コンクリートをこすって止まりました。

 もう一度はギアレバーはアップとダウンの位置でロックするようになっているのですが、着陸するときにダウンへ動かしたらロックがかからずプラプラになってしまったことがありました。

 2人乗っていましたので、私が後席でレバーをロックで保持したまま、前席の教官が着陸し、滑走路上でまっすぐに止め、ロックピンを入れてもらってからエンジンを停止したことがありました。

 ジェット機は200キロ程度以上で接地しますので、下手をすると大惨事になりかねず、無事に済んだら良しとするべきですが、しかし今の時代でもギアが出ないような初歩的な故障が起きるとは、あまり安全性は向上していないようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

いきなりの質問になりますが
R22のテールローターはなぜ左回転なんでしょうか?
44、66は右回転なのに。。

No title

No title

No title

> にこさん
メインローターからのダウンウォッシュの影響を考えるとテールローターは右回転のほうが空力的には効率的でありR44やR66では右回転になっています。
ではなぜR22がそうしないのでしょうか。
これはR22が徹底的に軽量化を追求したヘリだからです。
初期のR22のテールローターギアボックスの構造で左回転にするにはギアを追加する必要がありました。
このギアの追加による重量増を嫌った結果、R22のテールローターは左回転になりました。
R22のテールローターギアボックスは後に設計変更があり、その際に右回転にすることも出来たのですが部品の互換性を維持するために左回転のままとなり現在に至ります。

No title

詳しい情報ありがとうございます。> aaa*****さん
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR