JAL機エンジントラブル鉄の雨降らす、、、、





 最近では航空機から部品類を落とすくらいのことなら珍しくもありませんが、空から金属片がバラバラと雨のように降るとさすがにニュースになるようです。

 報道では熊本空港から離陸直後のB767の左エンジンが高温警報が出たので空港へ引き返し30分後に無事に着陸したようです。

 乗っていたお客さんの話ではエンジンがうーうーと唸って焦げ臭い匂いがしたと言う事です。

 EGTの高温注意灯が点灯した時点で止めていれば、ここまで醜いことにならなかった可能性がありそうですので、事故調査では良く調る必要がありそうです。

 飛散したタービンがバラバラと振ってくるようでは、殆ど高圧タービンのすべてが飛んでしまっている可能性があります。

 事故調査では事故の原因を突き止めて、再発防止の処置を取ることになっていますので、乗員の緊急手順が正しく行なわれていたかと言う点を調べる事がまず必要となります。

 次にはエンジンの来歴や点検修理の記録を調べて、違法性がないか、社内の点検修理の基準を定めた整備規定に違反した整備作業をしていなかったなどを調べることは当然ですが、整備規定そのものに不十分な所がないかも検討する必要があります。

 その理由はJALは羽田でもまったく同じようなインシデントを起こし、滑走路上に高熱に焼けたタービンの破片をばら撒いていると言う実績があるからです。

 タービンエンジンのオーバーホールまでの使用時間はヘリコプターの場合3000時間程度で、旅客機などは良くわかりませんが、5000時間程度だとすると、毎日10時間以上飛ぶので1年半ごとには、メーカーかメーカーの指定した工場へ持ち込んで、全部解体し、磨耗や変形具合を計測し、規定から外れは部品は新しいものに取り替えて再組み立てして、また5000時間使うということを繰り返します。

 規定値ぎりぎりの物を使うか、あるいはある程度余裕を見て取り替えるかでは、整備にかかる費用が大きく違ってきますし、メーカーへ持ち込むと正規料金ですが、どこか東南アジアのメーカー指定工場へ持ち込むと大変安く請け負ってくれる可能性がありますが、次のオーバーホールまで5000時間持つかどうかは疑問符が着く可能性があるでしょう。

 前回の羽田の時に爆発したエンジンと、今回のエンジンがどこか某国のバッタ工場で整備され、さらに同じ点検者のサインがなされているというようなことまで調べれば、何故爆発したかまで解明できるかも知れません。

 はっきり言えば中国などですが、そのような国にメーカーの指定認定整備工場を認めるのは何故だという事が当然の疑問ですが、それはある一定数の機種を売りつけるには、そのような認定工場の開設まで認めて、整備事業でも甘い飴を舐めさせ、周りの国の同型機、同型エンジンを格安で点検整備して稼がせるという事が行なわれます。

 ということで日本のような超航空後進国(すべての規則類を完璧に守らないと何も出来ない国)から、東南アジアや中国のような超航空先進国(金にさえなればなんでもできる国)へ日本の旅客機やエンジンがそろって破格の値段で整備していただけるというような事が起こり、結果エンジンが爆発を繰り返すという事が起こっていてもおかしくはありません。

 真偽のほどは良くわかりませんが、油断は禁物でしょう。

 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000126-jij-soci
98個回収したようですから数百は落ちたと思われますね。殆どタービンディスクが坊主状態なのでしょうか。?

No title

No title

潰れて少しはしおらしくなったと思ったら、またまたJAL病発症みたいです。天下りと引き換えの国からの手厚いバックアップで儲かりだしたのを、いかにも自分たちの実力ダ!と勘違いし調子こいてます。さらにウスッペラな小知恵とネットの情報収集で、ショートレンジの利益追求で成果をあげてキャリアアップしようとする文系バカの浅知恵で安全は置いてかれているようです。かつて某航空会社でコストをかけなくても安全は意識の問題だとして、安全(整備や資材調達含む)への経費を削り短期的には黒字にして、さっさと去っていった天下り経営者がかつていたが、安全にコストをかけるかかけないかをバクチと思っていたのでしょう。その後、豊かな老後をお過ごしでしょうか天下りさん。JALもまともな経営者なら『雨降って地固まる』になったでしょうが『雨降って崖崩れる』となるでしょう。何度潰れてもゾンビのようによみがえる天下りJALでしょうが、これだけは言っておく『また人殺すな!』

No title

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR