富山県警 AW139導入、、、


 
 
 
 以前、富山県警のアグスタの稼働率が落ちて、機種更新を求めているらしいというような記事を書きました。
 
 
 通常20年は使うヘリの寿命ですが、すでに11月20日に新しいAW139が導入されたようです。
 
 標高の高い地域の山岳救助に備えてアグスタ109の単発型の、高空性能の良い機種を使うとい宇野が狙い眼だったのでしょうが、世界中での使用奇数が少なすぎて、故障が起きたときの復旧の部品供給に時間がかかったり、10年や12年ごとに来る、大規模な点検で稼働率が極端に落ちて困っていた所に、岐阜県防災機のアルプスでの事故で、より高性能の着たい導入に道が開けたのでしょうか。
 
 飛ばすほうにしてみれば、搭載量に十分余裕のある、より大型のヘリで、軽くして飛ぶことはずいぶんと安全で、より高空での救助も安心して飛べますし、3トンと7トンのヘリでは強風乱気流での安定性はずいぶんと違います。
 
 このぶんでは長野 岐阜 富山の3県の県警、防災機は近い将来、すべてAW139に取り替えられるでしょう。
 
 ベル社がオスプレイに集中するあまり、ベル412以降、30年近くも新型の中型ヘリを売り出せなかった隙を突いて、イタリアが世界中の中型機市場をAW139で席巻してしまった感があります。
 
 富山県の県議会でも取り上げられていたようですが、県警ヘリが救助した山岳遭難者を降ろす富山市民病院の屋上へリポートが、ベル412を想定して、5.4トンが重量制限になっていて、通常なら6トン以上ある139は着陸出来ないという規則があって、どうなったのでしょうか。
 
 簡単に言えば重量制限の規定は、離着陸する種類のヘリの最大重量の2,5倍の重量に耐える設計ということになっていて、実際に着陸するときの重量ではないので、燃料を減らして軽くして飛んできてもだめということになります。
 
 現実的に建物上のヘリポートの強度を増すという工事は大変なことで、下手をすると一階から屋上まですべて柱や梁の強度を強化する必要があったりして現実的には工事できないというような事態も考えられるそうです。
 
 もし規定を離着陸するときの重量でよいということに変更すると、もちろん今までなんだったのかということにもあり、又そのときの重量は誰がどのように確認するのかという新たも問題もありえます。
 
 このような重量オーバーの問題は今後139を導入するたびに起こる問題で、さてどう解決するのでしょうか。
 
 当初の設定 最大重量の2.5倍という数値は、航空機設計の場合良く用いられる数値で、それを屋上へリポートの加重制限の安全係数に流用したようですが、飛行機と違って、静かにしか着陸しないヘリに2.5倍の安全係数は大きすぎると思うのですが、しかしそれを2倍や1,5倍に変えればすべての屋上へリポートは追加工事なしに使えますが、それも今までなんだったのかという議論とともにそう簡単には改正できないでしょう。
 
 山岳救助でどのような働きが出来るか、今まであまり実績のないAW139はどのような実績を残せるか大変興味深い所です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

テールポッキリ の件は解決したんでしょうかねぇ・・?

No title

管理人様、こんにちは。

陸自のUH-1後継機ですが、これの軍用型で良いような気がしますが、いかがでしょうかね。

No title

長野県警は既にAW139ですが、現在お里帰り中…よく帰るな~

No title

http://www.agustawestland.com/news/japan-national-police-agency-orders-aw109-power-kyoto-police
京都府警は来年にベル206の後継機としてAW109Pを導入するようです。

No title

テールぽっきりは日本では殆ど話題にもならなかったですね。135もテールぽっきりがあるようで複数回 改修が行われています。
139はUHの後継機にちょうど良い大きさですが、車輪タイプであること、アメリカ製でないことがネックでしょうか。県警は109を結構入れていますが、いわゆる平等に各メーカーから買うということでしょうけれどもそれでもベル429は今の所ないですね。

No title

Pからすると、単純に余裕のある機体は好まれるようですね。
個人的には県警はまだしも、日本の消防にaw139は大きすぎるきらいがあるように感じます。(好き嫌いで言えば個人的には好きな機体です)。海保も412の後継にaw139 を当てています。こちらは妥当な選択(記事中あるように412の後継で他に適当な機体ははっきり言って皆無ですが)と思います。
テールの件は中東のしか知りませんが、一応メーカーからは現地の接触事故とその修理が原因とされていますね。私はテールローターの件を聞いていて、こちらが心配です。
いずれにせよ、欧州のように、分野に適した機体を選択頂きたいです。(アルプスでも装備を軽くして3人のみのクルーで山岳救助にbk117c2が活躍しています。日本のヘリは装備が多すぎです。ヘリテレなんて無駄以外の何者でもないと思います。)
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR