ことごとく航空法を否定、ドクターヘリ

 

 
 
 
 航空局長が全日空へ天下っても、平取りくらいしか地位のない、組織航空局と揶揄する書き込みをしてしまいましたが、ドクターヘリの運航がことごとく航空法を無視した上に成り立、っていると言うことを今日は取り上げてみます。
 
 航空法の目的は航空の正常な発展と安全確保をはかって広く国民の役に立つと言う基本的な考え方があります。
 
 ドクターヘリとして国民の福祉に多いに役に立つようにとヘリコプターが飛ぶようになったのですが、安全性を確実に維持して、広く国民が危険被害にあわないようにと、ヘリコプターには他の航空機と同様の安全性を求める多くの規制があります。
 
 そしてその規制をいちいち守っていては、ヘリコプターの性能が持つ機動性がまったく生かされず、ドクターヘリとしてはまったく役に立たないということが実態としてあり、航空関係規定類を無視したような運航を行っていますが、これに対し、規制当局はこの実態を無視したような姿勢を長く続けています。
 
 
 たとえば病院へリポートとして、建設される施設、地上 屋上を問わず、『正式』ヘリポートは生地は塗装なし、マーキングは黄色か白で丸にHのおなじみのマークですが、法規上はこれ以外のものはありえません。
 
 もちろんマーキングの幅や大きさなども規定されていますが、最近どんどん建設されているヘリポートもどきもほとんどは国際赤十字が使用している、生地が赤で白い十字が描かれている遠方からでも視認しやすい国際標準のマーキングがほとんどでしょう。
 
 航空機は出発前には機長がさまざまな確認事項をチェックし、安全性を確保することを義務付けていて、これを怠ったために起こる事故やインシデントが起こるたびに事故調査で指摘され、機長は非難の対象となるだけでなく、行政処分や刑事罰の対象となりかねません。
 
 ドクターヘリの機長がこのような規定に従っていたら、離陸まで30分以上はかかり、とてもドクターヘリの任務は成り立たないのですが、さりとて可能な確認は事前にするとしても、離陸時の天候と機体の状況、着陸地や飛行経路の情報などは絶対に必要で、この件で不安全が生じたら必ず機長は責任を負う必要があります。
 
 この規定で行くと目的地着陸地を知らないで離陸することなど絶対にあってはならないことと言えるでしょう。
 航空規制当局はドクターヘリの運航が始まったために生じている航空関係規制との齟齬を十分調査し、どのような改善、新たな規制、緩和するべき規定などがあるか少しはまともに検討するにはあまりにも遅すぎるのではないでしょうか。
 
 新たに出来る病院へリポートのマーキングがほとんど国際標準で航空法方式でないと言うことを言うと、あれは正式へリポートではない、場外扱いだ、緊急時法だと言い逃れは出来るのですが、これで航空法の言う、航空の正常な発展と安全確保が出来るのかと問いたいところです。
 
 それともドクターヘリは航空法対象航空機ではないとでも言うのでしょうか。
 
 そのようにいつまでも、知らない顔を決め込むなら、ヘリコプター全体を航空法対象外として、自主規制に任せたほうがより、発展と安全に取って良い結果を得ることが出来るかも知れません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

自動車における緊急車両のような物を定義する必要があるのでしょうね。
そこに手を付けないのは、ドクヘリがあくまで政治家の票集めの道具でしかない事、管理所轄の「とりあえず事故が起きるまで知らないふり」の表れだと思います。
誰が最初にババを引くのか、そこが問題です。

No title

川重、明石ヘリポートですか?

No title

そうです 昔はコンクリートだったのですが 30年ほど前でしたか芝生に変えました。自社の製品の大型の芝刈り機のテストを良くやっていたので良い状態に保っていますね

No title

以前のNHKの東日本大震災のドキュメントでも、航空局は全く触れられもしませんでしたものね。ヘリコプター運用に問題があるのならば航空局が出てこざるを得ないと思うのですが。
政治家は何かあれば「自衛隊」ですし。

航空局という役所がどの程度一般に認知されているのかと不安になります。
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR