小松市長 F15に体験搭乗、、、

小松市長

 https://news.yahoo.co.jp/articles/a2ad5bf806d6903956da4e29f0a12558f9ad8a94

 石川県の小松市の宮橋市長がF15に体験搭乗したというニュースが入っています。

 事前に公表しないで済んでから発表したようですが、事前に知らせると自衛隊反対派が騒いでもめる可能性があったからでしょうか。。。

 過去のネットの情報では、お笑いタレントやエアーレースの室谷さん、日本保守党の百田さんなどが体験搭乗していますが、syべて練習機のなので、今回のF15は少しサービスが過ぎると言えばそうかもしれません。

 体験搭乗する場合でも、酸素マスクを常時使うジェット機の場合は航空生理訓練という低圧訓練を終えていることが条件で、この低圧訓練の潜水艦のようなチャンバはたしか浜松と府中にしかないので、飛ぶ日以外に一日余分にかかります。

 あとは射出座席の緊急脱出の手順をよく教わることになるでしょう。

 練習機でない本物の戦闘機に乗せるのは問題はないかというと、100億円程度の戦闘機は6000時間が寿命で、一時間当たりの機体の減価償却が170万円と、あとは燃料代と維持整備費用となりますので、250万円程度はかかりそうですが、地元に理解協力を得る費用としては少し張り込みすぎでしょうか。

 練習機のT4にすれば半分以下ということなので、費用対効果ならやはりT4が妥当なところで、この250万えんは現役のパイロットの錬成訓練に使ってほしいところですが、、、

 しかし 複座のF15は実際にはパイロットが2名乗り込んで行う訓練は意外に少なくて、単座に比較して残時間に余裕があるというのが実情なのかもしれませんが、、、

 このニュースを見たネットの反応はほとんどが「うらやましい、、、」 で 非難めいた書き込みはほとんどないのが不思議なほどですが、搭乗前に公開していたら、避難ごうごうだったかもしれませんが。。。。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリック よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR