風を読めるか、ヘリパイロット、、、、

和歌山ドクターヘリ (343)

 先日から日本列島は春の嵐で、昨日は東日本は春の嵐が吹き荒れていた様子で、ネットでは成田などの離着陸で200トンの航空機が木の葉のように暴れながらアプローチしている様子がアップされたりしています。

 航空機には横風制限や風速制限はあるのですが、ほぼ着陸ができるかどうかの問題で離陸はあまり関係ないですし、上空へ行けば乱気流が問題となるようです。

 ヘリでもそうなのですが重い大きいほど風に強いのですが、それは風の速度の変化によって揚力が大きく変化し、上げられるほうはあまり問題がないのですが落とされたときにちょうど地面に着けばハードランデイングとなって機体が壊れるということになります。

 飛行機が滑走路に着陸する場合は、風は普通、地面に平行に流れているので揚力の問題だけですが、ヘリの場合の離着陸の場合などはビル風が垂直方向へ強く吹くので、揚力の変化程度では済まないほど、落とされたり上げられたりします。

 空港では管制官から送られてくる風向風速は2分間平均と、最大最小に一定以上の変化がある場合には最大値と最小値がパイロットに送られてきます。

 飛行機の場合は、速度が低いと風の最大最小の影響を強く受けますので、通常より進入速度を早くするなどマニュアルで決められています。

 ヘリの場合は着陸は速度ゼロなので、垂直成分をもろに100%受けますので、10メートル毎秒降下の風に入ったら、最大パワーにしても墜落か地面に激突となります。

 屋上ヘリポートに設置してある風向風速計は水平方向の風の強さのみしか計測できないので、パイロットは風向風速を見て地形や、ビルの形状で垂直方向の風を予測します。

 マニュアルや運航規程、パイロット同士の情報で30ノット以上は着陸しないなどとある程度は決めておいたほうがより安全なのですが、実は離着陸時の一発勝負なので、経験がものをいうことになります。

 このようなことは、マニュアルなどで一概に決められない点がヘリパイロットの醍醐味でもありリスクでもあるのが特徴なのですが、それでもどこかには限界値があるはずなので、無理は禁物ともいえるでしょう。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR