ヘリパイロットは英語ができない、、、、、

インドネシア (14)

 パイロットと言う職業は一般的な人から見ると、管制は英語でペラペラ、フライトマニュアルやいろいろな書類は英語で書かれていて、さぞや英語ができると思われている節がありますが、羽田事故を見るまでもなく、ほとんど幼稚園程度のようです。

 何しろ着陸機があるのに滑走路に入るなとすら言えなかったり、どうやら当然滑走路に入っては危険だ、入ってはいけないような感じかもしれないのに確認しなかったりと、まるで言語障害児のようです。

 国際線を飛ぶパイロットの英語能力があまりに低いので、ある時期から英語の資格がないと飛べなくなったのですが、試験に不合格になったパイロットの話は聞いたことがありません。

 写真は30歳の時に、スラバヤ海軍飛行場で飛行計画を提出するときのもので、担当者は30歳くらいの妊婦さんの軍人でした。

 ほとんど英語らしい英語は必要ないのですが、少しはしゃべったようです。

 管制用語は100%英語ですがインドネシアかオーストラリア訛りですが、同僚の米人パイロットよりはるかに聞き取りやすかったようでした。

 ヘリパイロットには英語が良くできる者と操縦ができる者とはどちらが重要かと言うと、腕のいいパイロットが求められるということは世界共通のようです。

 すでに遠い昔ですが、大先輩がインドネシア赴任されたとき、ほとんど英語もインドネシア語もできなかったのですが、アイアム「ヨネサン」と言えばほぼすべてOKだったそうです。

 腕があれば飛べても、英語ができても飛べないようです。

 ところが最近はすべて、何でもできるいわゆる優等生を求めるらしく、パイロットになるには英語の壁もあるようです。

 今回の羽田事故は英語の壁がかなり影響している可能性はありますが、日本語で臨機応変にうまくしゃべれない者は英語もしゃべれないことは普通で、意思疎通は言語が変わっても基本は同じなので、管制英語のように基本形を50ほど覚えれば十分なのですが、その時点で何が一番重要か判断できない者は英語ができても意味がないということになります。

 と言うことなので、ヘリパイロットは腕が勝負で口でも、筆でもないとは神のようにあがめられていた大先輩がふと言われたことがありました。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR