鉄筋が腹部に刺さり、、、、、

和歌山ドクターヘリ (74)

 https://news.yahoo.co.jp/articles/1353bd4a90025ae46b926b39d39167f064d73ea0

 昨日 北海道で解体作業中の作業員が転倒して腹部に鉄筋が刺さるという、聞いただけでも恐ろしい事故があったようですが、患者は自ら鉄筋を抜いて、命には別状はなくドクターヘリも出動しなかったようです。

 実はこれと同じような事故例を和歌山ドクターヘリで体験した時の話を書いてみます。過去にも取り上げましたが相当古い話です。

 この他のニュースでアメリカでCH53E、海兵隊の大型ヘリが墜落して5名が亡くなっていますので、これも気になるニュースです。

 体に刃物などが刺さった場合は、無理に引き抜くと傷を大きくしたり、血管を切ったりして死んでしまう場合があるそうですから、救急医に任せると良いのですが、傷を大きくしないように抜くのはどうするのですかとフライトドクターに聞いたことがありました。

 刺さった部分のまわりを他を傷つけないようにメスで切り開いて抜きますと教えてくれましたが、その方法で耕運機の土を耕す丸い刃抜く現場に2回もいたことがありました。

 鉄筋が刺さった現場は紀の川沿いの県の下水処理場の新設工事現場で鉄筋工の方が3階部分から転落い、2階部分のむき出しの鉄筋に腹部と太ももの付け根の2箇所を突き抜けて、宙吊りになった悲惨な現場でした。

 ヘリを建設現場場内に着陸させ、救出の終了を待っていましたので直接見たわけではありませんが、、、

 痛み止めの点滴をした後、大きなクレーンを伸ばして、まずは患者をロープで釣り上げた状態にし、救急隊員がエンジンカッターで太ももと下腹部の鉄筋4箇所をエンジンカッターで切り、クレーンを振って患者を地面に降ろして、ヘリのストレッチャーに載せ替えました。

 どうやら奇跡的に内蔵や動脈は外れていたらしく、患者は意識があり、飛行中は鉄筋が出ているので当たるから痛いので、できるだけ静かに飛んでやってくださいと、冗談か本気かわからない指示が飛びました。

 患者さんは飛行中痛みで唸ってはいましたが、1月程度で退院され、奇跡的な回復でした。

 今日の記事 良ければ 「拍手」クリックよろしくお願いします。


 

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR