中国 新型民間ヘリ 寒冷地試験完了、、、、



 https://news.yahoo.co.jp/articles/4d5f1c2bf1a40b490249e820baa6412abe1f600d

 中国が民間用に開発中の大型ヘリ、AC313Aの寒冷地試験が完了したというニュースが出ていました。

 それがどうした、、、という感じなのですが、経済崩壊寸前の共産国家で西側のS92という、三菱が胴体を作っているヘリのコピーだと言われるものを作ってどうするのかとツッコミを入れたいところです。

 ただアジアトップの先進国家日本が同じようなものを全く作れない状態なら、何を言っても負け惜しみになるかもしれませんが。

 中国は過去にはアメリカ製もヨーロッパ製も飛ばしていましたし、スパイし放題でヘリの情報くらいはすべて取り放題でしょうから、設計図どおり、あるいは実機の拡大コピ^をすれば、寒冷地試験などしなくても問題はなさそうですが、ちゃんとやっています、安くするから買ってくれとでもいいたいのでしょうか。

 中国は日本の守銭奴企業を誑かして、日用品などから模倣を始め、安売り作戦で世界を制覇し始め、その後白物家電からテレビへ進み、パソコン、そしてついには自動車までほぼ制覇したようです。

 そして最後に民間旅客機から戦闘機、そしてヘリコプターまで作って安売りで世界制覇寸前で、西側国家は危険性に気がついて、全てが破綻するところまで来ましたが、ここが中国の踏ん張りどころです。

 崩壊中の中国から、まだまだ大丈夫と、旅客機を飛ばし始めたり、ヘリコプターもお安くしますとあらゆる面で、世界の隙あり国家に食い込もうとしているようです。

 新幹線車両を売った川崎は結構取り込まれて、ヘリの技術者がハニトラ、銭トラで籠絡されてしまっている可能性のある他、機種がS92 のコピーなら三菱も噛んでいるかもしれませんが、日本にはスパイ防止法がないので全てザル状態なのでしょう。

 共産国家は基本的に国民全員が貧乏に耐えれば良いだけで、バブルの崩壊はないらしいのですが、貧乏が行き過ぎると外へ攻撃するらしく、尖閣で日本軍の航空機に退去命令を出しているそうです。

 日本の一人平和主義がどこまで持つのやら、自然災害と、経済的な行き詰まりと、更には安全保障の危機とどこまで危険が迫ってくるのでしょうか、、、

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR