墜落原因がわからないのに飛ぶのか、、、、、

オスプレイ2

 https://news.yahoo.co.jp/articles/5482780fc3c89ad3040f889c3f71cbfc214d93f7

 屋久島沖で1日に墜落したオスプレイの捜索に、2日には普天間の海兵隊のオスプレイが参加したようです。

 米軍の捜索機はオスプレイのほか、412発展型のUH1Yも参加していたようですが、普通なら屋久島空港を使用するところですが、日本のヘリが集中しているので手前の奄美空港にしたのかわかりませんが、オスプレイを長時間連続して飛ばないようにしたのでしょうか。

 朝9時前に2機のオスプレイが奄美空港に着陸、2機ペアーで捜索飛行するところだったのでしょうけれども、どうやら一機にトラブルが起きた模様で、3機目が一時に到着し、故障したらしい機体は4時に普天間に変えるときのエンジンスタートの様子がテレビカメラに取られています。

 白煙をもうもうと上げてエンジンスタートした様子で、いつもと同じでチップデテクタープラグを外して、金屑の点検をするときに少量のオイルをエンジンデッキなどにこぼしたため、スタートの熱で一挙に白煙となったようです。燃料が漏れた可能性もありますが、、、

 オスプレイは沖縄に配備されて以来、すでに30回近くも何らかの故障で予防着陸していて、ついに今回の予防着陸では致命的な破壊が進んで、タッチの差で着陸が間に合わずに墜落したようですから、30回近い予防着陸は手順通りにうまく行われたと取るか、墜落寸前だったと取るかは米軍は明らかにしないでしょう。

 さらに、去年の米国内での今回と同じような、異常姿勢に入って墜落炎上するという最悪の事故の後、必要な改修をすべてのオスプレイに対し行って、飛行を再開したばかりなのに、同じような事故が起きたということのようです。

 米軍が事故の原因を知らないことはありえず、まさかその内容を公表することはありえないでしょうから、真相は自衛隊に聞けばすべてがわかることでしょう。

 しかし自衛隊とて、米軍を差し置いて、事故原因を公表することはありえず、アメリカはなんとしても次の手を打って、オスプレイを飛ばし続けることでしょう。

 捜索に飛んできたオスプレイが同じようなトラブルの可能性があり、捜索飛行ができないで点検修理をしていたなどと言うようなことがもし事実なら、相当なピンチと言うほかありません。

 日本と、米国はこのピンチを乗り越えてオスプレイを飛ばし続けることができるのでしょうか。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR