ドクターヘリと騒音被害、、、

八尾へ (25)

 https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbf8831c11a12df69b45dd3a9cc923ca96f835c

青森市で県病院と市病院を統合した新病院を新たに建設するにあたっての設置場所選定で、ドクターへりの騒音被害と交通アクセスが検討課題となるというニュースが出ていました。

 全国で50機以上が運航しているドクターヘリの現場でドクターヘリの騒音が公式の問題となって、裁判沙汰になったり、ニュースで取り上げられたことはあまり聞かないのですが、どうなのでしょう。

 私が知っているメデイアで取り上げられたことは1件だけ知っていて、和歌山医大のドクターヘリを取り上げた新聞記事で、病院の近くに住む小さな赤ちゃんを持つ方が、お昼寝の時起きてむずがって困ったということを取り上げていました。

 これは飛ばし記事の典型例で、本当にこのような発言をした主婦がいたかどうかは怪しいと思いますが、では解決策はドクターヘリは飛ぶなとも書いていなかったようです。

 大阪ドクターヘリの開始に当たって、地元の自治会との打ち合わせに出た経験があって、騒音でご迷惑をかけますがなるべくうるさくないように飛びますと発言したところ、自治会長さんがそんなことは一切気にしないでどんどん飛んでくれと言われたのには驚きました。

 伊丹空港の騒音被害や航空自衛隊基地の騒音被害に比較したら、かわいいものですが、メディアが煽るととんでもないことになる可能性がありました。

 このような風潮で、ドクターヘリを飛ばす基地病院の管理者はほとんどがメディアや地元に異常に気を使いすぎて、うるさくないように垂直に高くまで上がってから目的地に向かってくれとか、深い角度で着陸してくれとか、危険性が高くて騒音被害が大きくなるような飛び方を強要するしまつで、しかも運航会社はそれに従っているようです。

 ヘリのように比較的騒音の小さい航空機は、一点に長く被害が出ないようにできるだけ早く通過すること肝要で、いつまでもうろうろ旋回したりしないことが重要です。

 また青森では一日10回も飛ぶと嘘を言っているようですが、そうなると1年間に3500回で一番多い豊岡の倍も飛ぶと嘘を言っていますが、高齢者がいなくなってくる青森なのでは今度どんどん飛行回数は減る傾向で、一日に1回が平均で多くて2回程度しか飛ばず、一日に3分程度のヘリの音は3,4回する程度でしょう。

 つまり、ドクターヘリ基地病院建設に騒音問題はほとんど気にしなくてもよいと言えるのですが、運航するほうとしては安全に、無駄なく、迅速に飛ぶことが患者にも周辺の方たちにも、運航者にも大きなメリットとなるので、基本は崩さないないほうが良いでしょう。

 まして狂ったメディアいうようなことは正論できっぱりと否定しておかしなことを言わさないようにするべきでしょう。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR