やはり 必要か? 山岳救助ヘリ、、、

富山空撮 (5)

 https://news.yahoo.co.jp/articles/1af93c353f795be533d696df2e6550aa2337884e

 26日、北アルプス奥穂高で登山中に骨折して119番した男性が死亡しているのが発見されたというニュースが入っています。

 9月に入ってからもほとんど毎日のように山岳遭難のニュースが入って、県警ヘリや防災ヘリが出動しているものの、10人を超える志望者が出ているようです。

 https://bell214b1989.blog.fc2.com/blog-entry-5285.html

11日のブログで少し取り上げたように、個人的な趣味で登山する人達のために、公共財産である防災ヘリや警察ヘリを日常的に使用することにはかなりの違和感がありそうです。

 だからと言って、雀の涙のような金額を徴収して、防災ヘリを飛ばす制度にもなんとなく納得がいかないような気もします。

 ここは、やはり、登山保険や関係者の寄付による、民間の救助ヘリ組織を立ち上げて手始めに北アルプスをカバーすることから始めることを検討するべきでしょう。

 北アルプス地域では遭難が頻発していますので、ほとんど毎日出動することになりそうですし、日本の登山文化を支えている多くの山小屋が東邦航空の山小屋輸送からの撤退で、ヘリ輸送を使えなくなって。維持がむつかしくなっているようですから、山岳救助と山小屋輸送を担う、民間ヘリを組織を作るべきでしょう。

 やはりどう考えても警察ヘリや防災ヘリが毎日のように山岳遭難者のために飛ぶことには違和感があり、保険会社や山岳会、慈善団体などが、民間ヘリ会社などと調整して、何とか救助に心置きなく集中でき、山岳文化を維持するように動くべきではないでしょうか。

 今日の記事 よければ 「拍手」クリックよろしくお願いします。


 
 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR