航空大学校機 インシデント?事故?、、、

事故

 https://news.yahoo.co.jp/articles/1be4f8f8047e930d55102e543628fdc476ae011b

 昨日のネット検索で1昨日の航空機の重大インシデントとして挙がっていたのを見逃したようですが、釧路空港で航空大学校帯広分校のSR20がタッチアンドゴーの訓練中滑走路から飛び出したという事故があって、航空事故調査委員会は事故より一段低い重大インシデントとして調査すると報道されていました。

 その後、昨日の情報では当該機は着陸したのは滑走路ではなく、誘導路だったようで、しかも誘導路から飛び出して空港のフェンスにぶつかって止まり、プロペラや主翼の翼端を壊したほか、フェンスも大きく壊れている様子がテレビニュースで報道されていました。

 確か4か月ほど前に海保のセスナ機が大分県内で不時着して裏返しになった時もインシデントと判定したというニュースがあったようです。

 さらに1年前には航空大学校の同型機が帯広空港でオフランウエーしたり、海保の中型機のエンジンカウリングが飛んだりと、航空事故調査委員会の所属する国土交通省に所属する航空機の事故騒ぎがかなり多いうような印象を受けます。

 つまり事故調査委員会は官庁仲間の事故発生に際して、国民の印象に忖度するために、事故調査の初動に際して、詳しく調べないとわからないのに、航空事故より重要度が低い重大インシデントと決めつけて、マスコミに情報を流してから調査を始めているように印象を受けます。

 他人の農地に裏返しになって落ちている飛行機を見て事故ではなくインシデントだなどと思う人はいないと思いますし、今回の釧路の事例も、教官が乗っていて連続離着陸の訓練中に間違って誘導路に着地したうえ、草地に飛び出して、空港のフェンスに激突して、主翼やプロペラを壊したうえ、空港のフェンスまで壊していて重大インシデントだとは、どうも常識が通じないのが航空事故調査のようです。

 教官が同乗して指導していながら、滑走路と誘導路を間違えて着陸するまで放置していたのはまるで居眠りではなく熟睡していたのかと疑われても言い逃れはできないでしょう。

 そういえば先日の熊本空港での事故調査報告で、訓練生が間違ったから事故になったという結論を出していますので、日本の教育証明を持ったパイロットが指導中、訓練生の危険操作を放置して飛行機を落としても、全く指導方法についての過失を追及されないようですから、今回も訓練生がすべて悪いことにする気でしょう。

 誘導路と滑走路は普通、幅が違っていて、滑走路は50メートル、誘導路は30メートル程度に出来ているところが多く、新米の素人でなくても、着陸するとどうなるかということが着陸時のテクニック上のでの違いがあります。

 最終進入で滑走路に接近してきて、機種によって一定の高度になったら頭を上げて沈下速度を殺しながら速度も落として着地させる操作をフレアーをかけるというのですが、旅客機は電波高度計を副操縦士が読み上げるようですが、この高度の判定は小型機では外を見ながら行うので、実は高さは滑走路の幅の見え方で無意識に決定します。

 幅が半分の30メートル滑走路や今回のように違って誘導路に着陸しようとするとき、50メートルの滑走路の時と同じ見え方でフレアーを始めると、高度が低すぎて接地面に激突してしまいます。

 そして強くバウンドして暴れて、滑走路を外れてフェンスへ激突、、、タイヤが外れていたそうですから相当激しく地面に激突した様子です。

 田舎の狭い滑走路で飛んでいるパイロットが国際空港の60メートルの滑走路に着陸すると、逆に高いところでフレアーをかけてしまって、高起こしで失速し、滑走路に激突という恐れがあります。

 重大インシデントか航空事故かなどは十分調査してから結論を出せばよく、身内のトラブルでいきなりインシデントですなどと忖度する発言は現に慎むべきでしょう。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR