ドクターヘリ防災訓練に参加??、、、、



 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230901/k10014180721000.html

 去る9月1日は関東大震災からちょうど100年目ということで主に関東地方などで例年のように防災訓練が行われたようです。

 100年前に大災害があったということで防災意識の高揚のための行事で、多くの機関が参加して訓練を実施しているようですが、実はその後阪神大震災や、東北震災、熊本など各地で大災害が起きている関係で、9月1日に防災訓練をしないところも多いようです。

 ということで日時はバラバラになっていっるようですが、実はドクターヘリが防災訓練へ招かれて訓練会場へ行くことが結構多く、大いに疑問を感じているのですが、今でも相当多くの県でドクターヘリが任務をそっちのけで出かけているようです。

 特にドクターヘリというものを導入している実績を市民に自慢したい知事や政治家がいい顔をするために、実務を離れて基地病院から離れるということはあまり関心したものではありません。

 大阪、関西空港で航空機事故を想定した防災訓練を実施したときに、だれが計画したのかは知らないのですが、大阪ドクターヘリと和歌山ドクターヘリの2機も任務を離れて参加させたのですが、大阪ドクターヘリは関西空港への飛行中に実任務がかかって、急遽目的地を変えて、救命現場へ向かいました。

 和歌山ドクターヘリは着陸後にドクターナースが、ヘリから1キロも離れた、想定事故の旅客機で救急処置の実演をしているときに、県内から実働要請が入って、現場着が15分も遅くなってしまいました。

 実際に任務についているドクターヘリは防災ヘリや警察ヘリなどと違って、緊急性が高い任務なのですから、訓練に参加するなら任務を外すか、予備機を使って参加するべきでしょう。

 政治家や行政担当者がアピールのために余計なことをするのはやめろと言うべきなのですが、今現在でも任務中のドクターヘリを訓練などに参加させている県はかなりありそうですが、救急患者を助けることが少し遅くなってもかまわないらしいということになります。

 ヘリ会社は予備機を持っていることが契約条件になっているのですから、必要な経費を払って予備機を飛ばせばよいだけなのですが、どうも理解していない輩が多いようです。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR