アメリカ救急ヘリ墜落と似た体験、、、、

204 (2)

 フロリダの救急ヘリの墜落事故で30年前、同じような体験をし、無事着陸して事なきを得て、今も生きているをわが身の幸運を思わずにはいられません。

 すでにこのブログでは複数回取り上げていると思いますので、興味のある方は検索していただくと違ったことを書いているかもしれませんが、、、、

 フロリダの救急ヘリは事故の直接の原因はまだわからないままですが、新たに検索したニュースではパイロットの最後の通信の録音が公開されていて、よく聞き取れませんがファイヤと最初に行っているように聞こえましたので、火災警告灯が着いた可能性が高いようです。

 私の場合は朝一番に八尾空港を飛び立って、神戸の新神戸駅から山頂の布引公園へのロープウエーの工事で、鉄塔が完成し、ロープウエーのロープを始めて渡す工事に向かう途中でした。

 大阪湾まで来て、眼下に前日の台風で転覆した100メートルくらいの貨物船の腹を弥次馬で見るため旋回に入ったところ、後ろの真ん中に座った整備部長が”イッサン”(私のニックネーム) エンジンオイル温度が高くない?と声かけたのが悲劇の始まりでした。

 針が上限に向かって動いているように見え、計器が故障かなと少し強めに叩いても、正常に戻らず、ヤバイ 本物だ!!すぐに神戸ヘリポートに機種を向けました。

 エンジンを絞ってアイドルで頭を下げて突っ込んでいくと、上限まで移動した針が少し、下がり出し、あーーやれやれと思ったものの高度が下がりすぎたのでパワーを少し上げたら今度は上限をはるかに超えて振り切れそうでした。

 そのころには機内は焼けるようなにおいが充満し、ちょうど通過中の関電タービン発電所の構内に降りるかと迷ったものの、真上過ぎて回るのに時間がかかるので、神戸ヘリポートまで行くことに決め、「止まるな。止まるな、回れ、回れとエンジンを激励する言葉を心の中で繰り返していました。

 ちょうどそのころにはエンジンの排気口からブルーインパルスのような白煙を引いていたとはつい知らずでした。

 神戸ヘリポートに緊急着陸の無線を入れると、なんと4番スポットへと言うではないか、この場でなんと縁起の悪い番号、、、、

 最速のスピードで4番スポットへ直行して、近づくとヘリポートの他社の関係者が皆注目している、、なぜ??

 大きくフレアーしてスピードを殺すと排気口からの大量の白煙が機体を包んで、視界不良になるほどでした。

 みんなが注目するはずでしたが、後ろの見えない我々は知らぬが仏でした。

 白煙に火が付いたら、フロリダと同じ運命になった可能性があったようです。

 今日の記事 よければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR