東京都、京都府にドクターヘリは無用か???

豊岡ドクターヘリ (187)

 日本国中にドクターヘリが整備され、残る3県のうち、香川県は四国航空が担当することが決まって川崎重工からBK117を買い入れるようです。

 残るは東京都と京都府の2県のみとなってしまったのですが、いずれも京とつく名前で日本の都なのですが都会にはドクターヘリはいらないということでしょうか。

 2つの県に共通するのは名前だけではなく、どちらも救急ヘリを夜間に運航しているという点で共通していますが、夜間にも防災ヘリを救急搬送用に飛ばしているのは、京都東京以外では埼玉県だけです。

 東京は伊豆諸島など遠距離離島を抱えていますので、結構飛んでいるようですが、京都と埼玉はほぼ開店休業状態であろうと思われます。

 京都府はドクターヘリの必要性を否定しているのではなく、自前で整備する意識がなく大阪と豊岡と滋賀のヘリを広域運用とか言って借用している状態が続いています。

 このような中、東京都は例の緑の狸知事がドクターヘリの導入を表明していますので、いずれは入りそうですが京都はいまだ独自のヘリを持つ計画はないようです。

 うがった見方をすれば東京都京都府は夜間の救急搬送ヘリを飛ばしている関係で、ドクターヘリの導入を快く思わない組織が反対している可能性もありそうです。

 京都府や東京都の財政状況が悪くて年間2億円程度のドクターヘリを導入できないとはとても思えませんし、ドクターヘリ運航予算は半分以上国費が負担することになっていますので、日本一貧乏な、鳥取島根佐賀県なども導入していますので、ドクターヘリの有効性を理解していないという可能性もありそうです。

 ただし京都府は亀岡の登校中の生徒の列に車が突っ込んだ事故や福知山の夜店爆発事故などがあって、救急医療の重要性は理解していても良さそうなのですが、たぶん何かほかの理由がありそうに思います。

 多分東京も同じようなことがるのではないかと疑うのですが、実は県内の救急医療の担当者間、大学病院間などに一貫した組織運営ができないセクショナリズムがあってそれが、スムーズにいかない理由ではないかと疑ってしまいます。

 事故や急病で今にも死にそうな重篤な患者さんは、救急医がヘリでもドクターカーでも救急車でも自転車でも何でもよいから早く助けに来てくれと思いながら絶命しているのではないかとふと思います。

 今日の記事 善ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR