フライトドクター衆議院選挙勝利、、

与謝野海病院 (3)

 https://news.yahoo.co.jp/articles/a65adafcf609a6ce64ba4a2a05902b3ecb667584

 千葉13区に立候補されていた日本医科大救命センターの元救命センター長の松本ひさし先生が勝利されたようです。

 日本のドクターヘリ導入導入初期からフライトドクターとして20年以上活躍、貢献されていたようですが残念ながらお会いしたことがありません。

 フジテレビのドラマ コードブルーの医療監修をなされて、ドラマのストーリーはほぼ一手に引き受けていたようです。

 千葉13区はいわゆる田園地帯でというか都会のすぐ近くの田舎で35年前にはベル47で広大な水田に農薬を散布して回った地域で、秋田青森に負けない水田が広がっている地域でしたので、やはりドクターヘリがかなり活躍しやすいような場所であると理解しています。

 13区の自民党の前任者もドクターで、調べてみると医師出身の国会議員は何と20人以上もいるようで、業界出身議員では弁護士に次いで2番目に多いように思います。

 薬剤師や看護師出身の国会議員もみられ、主要な職業出身者はほぼ国会議員を網羅しているようですが、そのことはそれなりに意味があるとは思いますが、2世3世議員が多すぎて様々な弊害がある中、安倍元総理は父親の外務大臣以上の出世で花が咲いたようです。

 ちょっと調べてみましたが、パイロット出身者はほとんど見当たらず、ヘリパイロットに至っては宮城県知事程度しか思いつきませんでした。

 弁護士は仕事柄、政治家にはある程度は向いて入ると思いますが、後の業界代表者議員に至っては利権確保最優先のような役割を果たすようであまり明朗なものは感じられません。

 政治家ではありませんがコロナ対策委員会の尾身会長に至っては、コロナ病床の補助金制度の設定に動いて、自分の関与する病院に数十億円の補助金を流したという疑問が持たれていて、最近はまったくメディアに顔をを出さなくなりました。

 松本伸議員に臨むことと言えばやはりドクターヘリや防災ヘリなど、公的ヘリのパイロット育成方法の確立で十分な経験と技量のあるパイロットが安定的に事業に従事できるような体制を作ってほしいということです。

 ドクターヘリもこの部分が一番不安定で、このままいけばフライト現場で不安全なことが多く起こりそうなのですが、ぜひとも頑張って後輩のためにもお願いしたいと思います。

 利益優先の民間企業任せではどうもうまくいかないような気がします。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いしす。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR