線状障害物への防御、、、、、

和歌山ドクターヘリ1 (1010)

 ドクターヘリがどこにでも着陸できないのは、日本の地形で山間地域が多いことに加えて、点在する民家へ電力線や電話線が張り巡らされていて、上空から見ると地形に溶け込んで見えないという危険性があります。

 もちろん着陸ばかりではなく、防災ヘリや警察消防ヘリが吊り下げで救助する場合も同じように線状障害物にぶつかる可能性があります。

 そこでもし見落としてもぶつかっても、線をぶち切るような装備、ワイヤーカッターを装備しているヘリが自衛隊機や県警ヘリなどにあります。

 そしてその効果が有効であるという結果が出たのは、一度だけ、山林消火の陸自のUH 1が兵庫県の相生市で複雑に交差した送電線にぶつかったもののうまく切断して墜落を免れたことがありました。

 消火飛行中にぶつかったのは複雑に交差している線の状況を正しく認識していなかったのでぶつかったようで、最初に飛んだ時にぶつかったわけではないようでした。

ワイヤーカッターを装備していたかどうかははっきりわかりませんが、事故調査の報告ではワイヤーかったに触れられてられていない事故がありました。

 これは海保の412が香川県の瀬戸内海の島を渡る電線にぶつかって5名全員死亡する事故がでしたがもしワイヤーカッターが装備されて居たら死亡事故はなかった可能性があります。

 現在のところドクターヘリにワイヤーかったを装備することを義務つけてはいないようで、ごく一部のヘリに装備されているだけとなっています。

 防災ヘリや消防警察ヘリにはかなり装備されてはいますが全機ではないようです。

 最近の防災ヘリには障害物への接近警報装置が着いているという情報がありますが、どのような装置なのかよくわからないようですし、一般固定翼機の地上接近警報装置である可能性も高く、それではヘリにあまり有効ではなく、どちらかと言えばワイヤーカッターを優先して装備するべきでしょう。

 今日の記事 良ければ 「拍手」クリックよろしくお願いします。、


 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
13位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR