テレビ局は終わったか?



 https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc2dd3a1190eaed5c468ca1383493f29646ffd6

 https://news.yahoo.co.jp/articles/3fab13003f0b91ed0ae75cfa42e2bdaa44316721

 東北新社の菅総理の息子の接待疑惑から端を発した問題で総務省が放送免許を取り消す方針であると報道されている中、フジテレビが同じ外資規制に違反していたことがバレて、社長が謝罪し、この件を日テレが報道したそうです。

 テレビのニュースをあまり見なくなったので詳細は分かりませんが、キー局の同志の足の引っ張り合いが始まるのでしょうか。

 外資規制に違反しているかどうかは、放送内容の偏向程度を見ればわかることで、NHK以下どこの国のテレビかと見間違うように中韓北朝鮮に忖度するような内容ばかりなので、外資規制違反と言っても別段驚くことはありませんが、同じ穴のムジナであっても一応の総務省は規制官庁なので知らないふりはできないでしょう。

 片やNHKは繰越剰余金が年々増え続けているようで、この問題を国会で会長を追求する場面を見させていただきましたが、攻める国会議員も中途半端な態度で、会長の返答はそれに輪をかけたような不真面目さで見るに堪えないような様子でした。

 何しろ使い道の決まらない剰余金がすでに年間収入と同じ程度の6000億円から7000億円もあるそうですから、どんぶり勘定で子会社に可能な限り流した上でのあまりの金だそうですので、実態はどのくらいの横流しをしているのか分かったものではなさそうです。

 あの銀行出身の会長の答弁を聞いていたらとても視聴料など支払うのがバカらしくなりそうです。

 テレビからの若者離れが言われているのは、若者の生活パターンの変化と番組の内容の劣化と思われていますが、実は番組が腐るのはそれを作っている組織が腐ってきていると見ることが正解のようです。

 しかしテレビ局の構成員の中には優秀な方たちも多く、また強い危機感をもってこの難局を打開しようとする常識人も数多くいるはずでしょうから、ぜひともテレビの復活へ向けて行動してほしいものです。

 自浄作用がなくなれば終わりですが、、、

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。


 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
19位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR