障害物への接近 ヘリコプターの場合、、、

204 木材搬出 (15)

 航空機は一般に高速で飛行するので障害物には近づかない、近づく必要がない空域をルールに従って飛行することと決まっていて、何かの故障や行き違いで急速に地上に接近する危険性が発生したときの警告装置 GPWSが装備されています。

 ヘリコプターの場合、一般に飛行機と同じように飛行する場合、いわゆる2地点間の離陸から巡航、そして着陸をする場合は飛行機と全く同じような飛び方ですので飛行機と同じGPWS地上接近警報装置を装備することは有効です。

 ところがヘリコプターの場合には高度10メートルで農薬をを散布したり、荷物を吊り下げて山間部へ輸送したり、遭難者を吊り下げて救助する場合には障害物に接近しないでは仕事ができませんので、いわるゆるGPWSは装備して作動させているとうるさくて仕事にならないという事象が発生します。

 ヘリコプターの通常の離着陸の場合、飛行機と同じでGPWSは切って飛ぶので、空港は障害物がないように周囲の建物や地形に制限があって危険な障害物はないことになっています。

ヘリが通常の飛行場以外のところへ離着陸する場合には事前に現地調査をして空港と同じように危険な障害物がないことが確認されていないと離着陸の許可が出ないことになっています。

 ドクターヘリや防災ヘリなどが人命救助のために離着陸したり、低空でホバリングして吊り下げて救助する場合には事前に危険な障害物の有無を確認、申請して許可を取ることが出来ないのですが、いきなりパイロットの判断で行ってよいことになっています。

 長野県防災ヘリは訓練中でしたが、埼玉と岐阜の防災ヘリは救助中に障害物のそれぞれローターやテールローターを山腹の岩や立木にぶつけて墜落する事故を起こしています。

 また神奈川県のドクターヘリはすり鉢状の工場の敷地に着陸する場合に障害物の工場の屋根の影響を受けて深い進入となり、墜落しています。

 このようなそれぞれの状況では障害物は千差万別にあって、今まさにぶつかるであろう障害物を選択して警告を出す装置は作れるのでしょうか。

 このような場合、通常は四方八方上下すべてに障害物がある可能性が高く、そのような装置は警報を出しっぱなしになことでしょうから、ほぼ意味はなさそうです。

 送電線など線状の障害物を察知して警報を出す装置は可能性がありそうですが、これとても長野県のテレビ取材のヘリの事故の後、全国の送電線の座標のデータを電力会社からもらって横流ししただけで、実査にGPSに連動させて表示したとして、それが障害物回避に有効かと言えばないよりあった方がまし程度でほとんど普及していないようです。

 つまりヘリコプターの実用上の障害物回避はパイロットの経験によるところがほとんどで、装置による有効性はいまだ実用化は難しいようです。

 高知防災ヘリのAW139 が障害物を感知する装置を着けたそうですが、実物を見てその費用対効果、、と言うよりその前に効果があるのかどうかも疑っていますので一度見てみたいものです。

 今日の記事 良ければ 「拍手」 クリックよろしくお願いします。

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
19位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR