ANA 油圧故障、さあどうする??



 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000008-tncv-l40

 昨日 北海道千歳から那覇に向かっていたANAの国内最長路線を飛ぶ737と思われる機体が油圧系統に故障を起こして、福岡空港へ臨時着陸したそうです。

 ネットの書き込みを見ているとこの機体は鹿児島付近まで飛んで故障を起こして福岡まで引き返して、緊急着陸ではなく、臨時着陸したそうです。

 乗っている客からしたら、那覇まで飛ぶのと、引き返して福岡へ着陸するのとではあまり距離が変わらないのだから本来の目的地である那覇へ飛べと言いたいところでしょう。

 昨日のこのトラブルで3日間連続で続いていて、土曜日がピーチのエンジンの振動、日曜がJALの風防のひび割れに続いて、油圧故障となっています。

 日本では定期便が一日5000便程度は飛んでいるのではないかと思いますが、少しトラブルが多いように思いますがいかがでしょうか。

 安全性を最優先する航空機なので予定を変更して他の空港へ着陸したり、引き返したり、出発できなかった場合はほぼ必ずニュースになるので目立つのでしょうか。

 電車、地下鉄などの故障率、定時制に比較してかなり劣るように思いますが安全第一だから仕方がないとでもいうのでしょうか。

 安全第一なら、今回の場合は鹿児島空港へ緊急着陸するのがベストですが、どこへ着陸するかは、故障の危険性と、事後の機体の修理復旧、事後の乗客の目的地への利便性やそれにかかる費用など、いろいろなことが絡んでくるのでパイロットだけの一存で決められないということがあります。

 つまり緊急事態や故障が起きた定期便の対応は一応は安全性最優先と言いながらも、航空会社の営業が大いに影響してきます。

 例えば今回の場合、鹿児島で着陸しないで、わざわざ引き返して福岡へ着陸したのは、自社便が福岡那覇があって乗客を引き継ぐのに好都合であるとか、故障修理の設備があるとか、部品があるとか整備士がいるとかいろいろな条件で好都合なところへ飛ぶことは普通にありうるでしょう。

 自社の好都合な空港へ飛んでいくのに、まさか緊急着陸させてくださいとは言えないのでしょうか。

 何しろ緊急着陸は他の航空機をすべて待たせて優先されるうえ、着陸料金は無料と大変優遇されるようになっています。

 油圧系統はたぶん3系統以上あって、普通なら飛行に支障はありませんし、エンジントラブルで片発で飛ぶこともほぼ普通に着陸できます。

 メディアは安全だ安全だと軽い調子のニュースで航空会社の宣伝機関と化していますが、片や、防衛関係の航空機や、かのオスプレイの故障には気が狂ったように騒いでいます。

 故障したら臨時に目的地以外の空港へ着陸する場合、故障そのもの以外のことに気を取られて、パイロットを含めてあれやこれやと相談してどうするかを決めていると、今に大きな落とし穴へ嵌らないかちょっと心配になります。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR