ヘリコプター陸送は最後の手段??


 
                     ツイッターから借用しました

 飛行機は空港や飛行場にしか離着陸しませんので、万一故障して飛べなくなっても、飛行場なら格納庫など何とか修理するスペースと設備がありそうです。

 ヘリコプターの場合はあらゆる所で離着陸しますので、万一故障して、小さな部品交換などで修理が出来るなら比較的問題はありません。

 ところがエンジンやローターを換装する必要があるなど大規模な故障の場合は、屋外の農道や林道では修理できないので、飛べなくなると大変困ったことになります。

 大型のクレーンやトレーラーが入る場合は何とか陸送が出来ますので、基地へ運んで修理することになります。

 どうしてもトレーラーやクレーンが入らない場合は、ヘリコプターでヘリコプターを吊って広い場所へ出して、トレーラーに積み替えて基地へ向かうことになります。

 自分の搭乗機の一番多く飛んだ204Bでは2回陸送の経験があり、エンジンから5ミリ角くらいの金屑が出たのと、片方のローターが50センチ以上ひび割れした2回で、いずれもかなりやばい故障で、現場ではとても治せない程度の壊れ方でした。

 他社の最悪の例では当時最新鋭機のベル206Bが、今は無い大阪中之島の朝日ヘリポートでメインギアボックスの交換が必要となった例でしょう。

 ギアボックスや修理に使うクレーンを屋上へリポートへ持ち込むことが出来ず、204Bで吊り下げて、川沿いに広い場所まで出したそうです。

 ドクターヘリのように年間を通じて飛行する基地病院などでは、クレーンを天井に装備し、ぎりぎりでも同じヘリが2機入る広さの格納庫を整備することが必須となります。

 つまり代替機を持ち込んでも、格納庫の中で修理の整備作業をしながら、通常通り運航を続けることが出来るからです。

 このような整備格納設備は安全な運航を続ける上でも大変重要で、その点最悪な基地設備は屋上へリポートということになります。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR