岩手県防災ヘリ引退機 3億円で落札、、、





 岩手県防災ヘリで使用されていたベル412が20年の使用で6000時間余り飛び、当初予定されていた耐用年数を迎えて引退しました。

 ヘリコプターの寿命はおおむね30年1万時間と言うところでしょうか、あまり決まったものはなく、貧乏で実用的な、海外の民間会社では2万3000時間以上飛ばした実績もあるようで、日本の自衛隊や官庁が6000時間程度で引退させるのは少しもったいない気がします。

 6億円強で購入した機体が3億円以上で落札されることは予定外のことで県としてもありがたい収入でしょう。

 この412が導入されたころは、各県がいっせいに防災ヘリを導入したころで、ベル412 AS365 BK117が三つ巴の売込みを図って機体価格はどん底まで落ち、一番安い412を買った県は4億円と今のドクターヘリの半分程度の値段で買っています。

 ただし表向きの価格はどん底でも、装備品や予備エンジン、整備点検用の予備部品など20年間の関係物品の納入でちゃんと元を取ると言われていましたので、20年間のトータル運航コストは果たして安かったか高かったか、当事者でないと良くわからないところですが、官庁ですから他と比較することもないでしょうから闇の中でしょう。

 最近新しく412などの更新に導入されているAW139は412より一回り大きい機体で価格は軽く10億円を超えていそうですから、大きな商戦です。

 しかもベルはほとんど新しい機体はないと言っていいほどですし、ユーロの365も155程度の更新していますがあまりぱっとしないようですのでAW139の独壇場でしょう。

 今後 多数出てくる防災ヘリの退役機は完全整備で大切に使っていて、ほとんど無理な運航はないでしょうから、大変程度の良い機体ばかりで、海外に転売しても相当良い値段で売れることでしょう。

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR