今の時代に公的ヘリのパイロットを目差すには、、、




 警察ヘリ 防災ヘリ、ドクターヘリなどの公的ヘリのパイロットの質の低下と要員そのものの不足が言われている中、どのような道を選んで消防ヘリのパイロットを目差せば良いかと言う質問をいただきました。

 残念ですが今の時代にはこのような公的ヘリのパイロットを目差すこれといった道はないというのが答えにならざるを得ませんでしょう。

 いわゆるこのような公的ヘリのパイロット養成課程がまったくないため、1000万円を超える事業用操縦士資格取得の費用を自己負担し、たまたま運よくライセンスを取ったとしても殆ど道は開けないというのが実情です。

 それはなぜかというと、200時間から300時間の飛行経験を経て事業用操縦士の資格を取ったパイロットはその段階では、将来的に公的ヘリの操縦士として使い物になるかならないか殆ど判定が出来ません。

 どこでも新人操縦士を採用する場合は1000時間程度の飛行経験を要求して場合が殆どですが、これは事業用ライセンス取得から1000時間程度まで、どのように簡単な飛行であっても1000時間まで無事故で経過してくる実績はペーパーライセンス状態とはその能力に雲泥の差があり、将来を託すにはずいぶんと有利だからでしょう。

 民間ヘリのパイロットにはこのような初心者向けの事業飛行は殆どなく、さりとて民間会社がどこの馬の骨かわからない駆け出しのパイロットに1000時間まで身銭を切って、訓練することはありえないでしょう。

 つまり民間ヘリ業界には新人操縦士をほぼ使える状態の1000時間経験程度まで育てるノウハウも資金も環境もないということで、どうしても公的ヘリのパイロットを目差す若者には大変厳しい現実となっています。

 我々団塊の世代が20代の時には飛行経験300時間のまったく駆け出しで右も左もわからないヘリパイロットが多数在籍し、日本全国で250機の農薬散布ヘリが飛びかいましたので、何とか育っていくことが出来ました。

 それは日本の高度成長に合わせて農村地の米の増産が至上命令で、農水省がへりのパイロットの募集養成訓練まで公的な費用で徹底的にやったことがその裏にありました。

 その時代から育った民間ヘリのパイロットがその後の送電線建設から防災ヘリ警察消防ヘリそしてドクターヘリまで支えてきたのですがほぼ定年の時期を迎えています。

 ということで今の時代、民間飛行学校でライセンスを取って公的ヘリのパイロットを目指すことは無謀というしかありません。

 それは民間飛行学校から運よく公的ヘリの職にもぐりこんだとしてもはじめから定年までの長期間、適正な訓練や審査、昇格、人事管理など誰も責任を持ってできるところが皆無だからです。

 パイロットの定員が3人程度の組織や、飛行学校で年間5人程度を養成しているようなところが適正にパイロットの技量管理から将来までの見通し一貫性を持った教育訓練人事管理ができるとはとても思えないでしょう。

 運よく、たまたま事業用操縦士の資格を取ったすばらしい優秀な人格のパイロットがいたとしても、その本人個人が自らの技術的な成長や安全意識の向上を一生に渉ってひとりで管理出来ることはありえないでしょう。

 ならばパイロットはどのような組織で育てていくべきかおのずから答えはわかるでしょうから、そのような組織を持ったところへ正面から正々堂々と選抜試験を突破してスタートするべきでしょう。

 間違ってもパイロットが3人しかいないような組織で一生無事に飛べるなどとは思わないことです。

 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR