ドクターヘリ 広域連携の問題点、、、

 

 
 
 
 航空医療学会でドクターヘリの広域連携に問題点や改善余地があるという講演ががあったようです。
 
 また、厚生省側から近畿の府県の広域連携が進んでいて、それを見習うようにとの意見があったようですが、短い記事でしか知ることが出来ませんでしたので真相は良くわかりません。
 
 私はこのブログで、ドクターヘリの他府県への出動や、連携運航については何度も取り上げてきましたが、その後、完全にすべてが解決されたようにはなっていないようです。
 
 ドクターヘリの運航範囲をむやみに広げることは、パイロットの飛行空域の慣熟や天候把握や無線連絡、病院との連携や患者さんの医療区域の問題など、いわゆる行政管理以外にも多くの問題点があり、いつも出動要請が少なくて、ヘリが常に地上にいて、あいているから、隣の県へも飛べばよいなどと、そう単純なものではありません。
 
 たとえば近いから、あるいは出動が重なって対応が難しいから、両隣の県へも飛ぶというならば少なくとも、自分の県内とまったく同じような対応、運行が出来るような準備と訓練などが必要でしょう。
 
 これは言うは簡単ですが行うことは難しく、進んででいるといわれる関西広域連合内でも、他地域へ飛ぶと一回あたり、60万円の支払いが生じるということになっていますので、要請するほうはそう気安く呼べないでしょうし、私のいるときの実態はそのとおりで、年間3回程度飛んで、行くたびに、区域内と同じような対応を要請側も、ヘリのほうもできる問いことは大変困難でした。
 
 つまり もし他府県を自県のヘリの範囲として、設定し、自分の県と隣の県のドクターヘリがまったく同じように飛べるシステム、連絡体制、費用負担なし、ホットライン一回で飛ぶ体制というものが必要となります。
 
 このような制度を構築するのは、県など、行政機関が隣同士良く話し合って決め、それにしたがって現場のヘリ、医療要員が遅滞なく動けるような制度が必要で、その制度にしたがって年間3回しか飛びませんというようなものなら、やめたほうが良いでしょう。
 
 分単位の活動をするドクターヘリが、年間3回の要請のために、5回程度訓練しても、何の足しにもなりませんし、多くの手間をかけて5分短縮できたと言う実績ならやめたほうが良いでしょう。
 
 つまり、今行われているような広域連携の取り決めの目的は知事の選挙目的、メディア向けパホーマンスの傾向が強く、特に関西広域はその良い実例であり、また隣同士、運航会社が同じでないと出来ないとか、おかしなことを言う勢力が見かけられます。
 
 県境界が著しく偏っていて、自分県のヘリが30分かかるのに、隣の県のヘリが5分で来るなどということは、地図を見れば子供でもわかることで、ドクターヘリの救命事業をはじめるに当たってわからないはずはなく、それを県に丸投げしたら、そんなことはお構いなしとなることはわかっていたはずでしょうから、厚生労働省はちゃんとした指針を示して、それに見合う予算処置、医療権の見極め、安全運航に対する指針などちゃんと整理して、指導するべきでしょう。
 
 とにかく隣の県へ飛んだら60万円などというばかげたことは即刻、止めさせるべきでしょう。
 
 他人の需要に応じて航空機を運航して対価を取ると、航空運送事業または航空機使用事業として航空事業免許が必要で、県がそんなことは出来ないはずで、そんなことをしながら広域連携とはお笑いにもなりません。

 多い農作業事故、高齢化と機械化、、、


 
 
 
 ドクターヘリが飛ぶ事故や症例の中で、結構、頻繁に起きるのが農作業中の事故です。
 
 特に耕運機などの機械化作業の中で起きる事故、機械ごと転落、下敷き、巻き込まれと大変悲惨な事故が多く、中には死亡事故となる場合もあります。
 
 なぜ耕運機などの事故が多いというと、まずは農業従事者の高齢化があり、高齢者の方がある程度の危険性がある耕運機などを使わざるを得ないということがあります。
 
 もうひとつ大きな要因は、耕運機や田植え機、コンバインなどの機械は、常に年中使うというものではなく、ごく短期間、しかもものによっては年に一度しか使わないようなものもあって、十分に熟練するほど使いこなせないという事情があります。
 
 しかも 田んぼや畑に出入りするあぜ道は非常に狭いものであったり、傾斜が急であったりして環境的にも大変な危険性がはらんでいるということもあります。
 
 もひとついえることは、最近の農業従事者はもともと大変少ない上、ひとりで作業することが多く、事故が起こっても、発見されて、救急要請まで大変時間がかかる事例も多く発生しています。
 
 耕運機で作業に出たおじいちゃんが帰ってこないので、おばあちゃんが心配して見に行くと耕運機の下敷きになっていたなどという事例もありました。
 
 耕運機など、畑を掻くとがった刃物がむき出して回っていて、転倒した弾みに顔に刺さったり、太ももに刺さったりして、身動きできなくなっていて、救急隊員だけではどうしようもなく、ドクターを手が必要な場合も多く、ドクターヘリは大変有効な事例となっています。
 
 今の日本の農業事情を考えるとき、このような高齢化と機械化の波はますます進み、農業機械による事故の防止と事故発生時の救急体制などに着いてのますますの対応が必要となるでしょう。
 
 ちなみに体に刺さった、耕運機の刃はまっすぐではなく、半円形になっていて、普通には抜けませんので、刃自体をエンジンカッターを切った事例と、刃の付け根のボルトを緩めて救助した事例がありました。
 
 ところがその後一度経験した事例で予想しなかった、対処法を取られたドクターがいましたが、がっちりと足に刺さった刃を抜くときになんと、刃が足に刺さった部分をメスで切開し、刺さった部分を傷口を広げて、抜いた例があり、これには発想の転換でなるほどと思いました。
 
 それにしても農業機械の事故は大変悲惨というしかありません。

おかしなことばかり 最近の政治情勢、、、

 

 
 
 1昨日は辺野古移転反対派の候補者が当選した沖縄知事選といい、市長職や知事職をブン投げても、都構想に謀反を起こした公明党に仕返しをするという橋下という政治家、そして消費税の増税は野党も、与党もこぞって先送りするという、突然の衆議院選挙、政治情勢は混沌としてきました。
 
 人口分布の極端な高齢化と少子化、人口の急激な減少がすぐそこまで来ているのに、女性の労働力活用参画と完全に矛盾した政策、そして再生エネルギーの導入と歌って3倍も4倍もコストの高い太陽光や風力発電を、自然破壊と経済破壊を目指してまい進する政策、さらには水素を使う燃料電池車と称するこれも3倍のエネルギーコストがかかる、公害ゼロ??究極の車に一台200万円もの補助金とむちゃくちゃな政策が目白押しです。
 
 辺野古反対、普天間撤去はいいのですが、最近のサンゴ密漁事件や、きな臭い尖閣列島問題、さらにはバブル崩壊しそうな中国の不安定さなど、米軍様にいてもらわないことには、中国様の暴れ放題になってしまいそうです。
 
 また拉致被害者を500人も閉じ込めている可能性がある北や、反日崩壊が一挙に進みそうな南と日本を取り巻く政情不安定は日に日に大きくなってきそうです。
 
 辺野古反対知事が当選してうれしくて仕方がないというような顔で、嬉々として生放送する馬鹿放送局のプロレスアナウンサー、やはり日本はどん底へ向かうしかないのでしょうか。
 
 それにしても4月の消費税増税は失敗でした。せっかく快方に向かった日本の重病がまたしても悪化の道に戻ってしまったようです。
 
 もういまさらドクターヘリで救命に向かっても手遅れでしょうか。

 北九州空港で小型機 着陸失敗、、、

 

 
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141116-00000026-nnn-soci
 
 
 ニュースによると、昨日 夕方、北九州空港で小型機が着陸に失敗し、2名の方がかなりの重傷を負われたようです。
 
 小型機が空港内で離着陸に失敗すると、ふつうはそれほど重傷は負わないもので,軽傷程度のけがで済むことが多くまた、機体も大きく壊れたり、火災が出るなどということは非常に珍しい事故です。
 
 ネットの世界の情報力は怖いほど早く、この事故と同じ機体が、ホンダエアーポートで着陸時、車輪を出し忘れて事故となったことを教えてくれています。
 
 今回の事故の映像が空港の監視カメラと思われるものがニュースに出ていて、遠くからのぼやけた映像ですがよく見ると、私が予想したような、高おこしから失速し、滑走路にたたきつけられたときに、左側の車輪が折れて、速度をもったまま左へとられて、空港の岸壁の擁壁に激突したのではないかと思います。
 
 高おこしになった原因は、一つには小型機にはあまり経験できない、海上空港での離着陸であって、地上の経過してを進入着陸する場合と違い、高度と速度の見え方がいつもと違い、判定がむつかしいということでしょう。
 
 さらに悪いことに、ちょうど着陸時間が日没後20分程度のちょうど薄暮から夜の暗さに変わる時間帯の、高度判定のむつかしい光線具合が重なったのではないでしょうか。
 
 そして、さらに空港の南かわからの進入ならILS(計器進入)の電波が人の目の見誤りをカバーしてくれた可能性がありますが、反対の北側からではそれも利用できなくて目視だけで判断する必要があったということでしょうか。
 
 このような事故の原因が私が予想したことが当たっているかどうかは、すぐに事故調査委員会が結論を出してくれますが、結論が出るまで1年も2年のかかることが普通で、事故調査があろうがなかろうが、事故を防ぐためにはこのようなことを考えながら運行することはパイロットにとっては大変重要なことです。
 
 事故のニュースが流れたらすぐに、その原因に迫り、そしてそれをいかに回避しながら飛ぶかということを考えることが、安全に飛ぶ秘訣ということになり、その予想したことが間違っていなければ同じような事故は起こさないでしょうし、外れていれば同じ事故を起こす可能性は高いということになります。
 
 そして他人の事故に対してなにも思わないパイロットはさらに危険なパイロットということになります。
 
 安全に飛ぶためには、他人の起こした事故はすべて教訓としてわが身のものとする必要があります。

 ヘリコプターのデフロスター、、、

 

 
 
 デフロスターとは車などでは操縦席正面の窓の結露を防止して、視界を確保するためのものとあり、航空機では翼の凍結を防止する装置とあります。
 
 ヘリコプターの場合 凍結気象状態での飛行を想定した機種には、パイロットの正面の風防に、電熱線を挟み込んだものはAS330や332に装備されている例がありますが、ほとんどは暖房用の暖かい空気を機内から風防の内側を通して、結露を乾燥させる程度のもので、一気に吹き飛ばすほどの能力はありません。
 
 固定翼機の場合、エンジンのPC圧 ジェットエンジンのコンプレッサーで圧縮加熱された300度C位の空気を機外から風防にそって、機外から流し、凍結しないようにする装置もあり、熱線式とともに、地上で長時間使用すると風防が熱で割れるという事例があることを何回か聞いています。
 
 エアコンのないただの暖房の風を使うものは、朝一番など、10分も地上運転をして、機体全体が温まらないと、風防の曇りは取れず、拭いても拭いてもすぐに曇ってなかなか離陸できないという事態が良くありました。
 
 特に夜間 機体にカバーをかけて外においていえ、氷点下の気温に下がると、機体全体がマイナスの気温で、エンジンをかけて暖房を入れても、風防が温まるのに長時間かかりそれまで飛べないということになります。
 
 ドクターヘリがまともな格納庫が必要になるのはこのような理由もありますが、このようなことは実際に何回も体験したものでないとわからないことです。
 
 氷点下の上空で薄い雲を掠めたときなどは、機体表面が外気と同じ温度に近くなっていて、一挙に風防を含めて全体が、曇りガラスのような薄い氷の幕で覆われてしまうことがあります。
 
 雲から離れれば、薄い氷の層はすぐに飛んでしまい、飛行に支障はありませんが、雲に入ってしまうと、風防の中が曇っているのか中が曇っているのか良くわからない状態となり、デフロスターを全開にして、雲から離れるしかありませんが、一時的には計器飛行状態となってしまいます、
 
 湿った雪が降る0度C前後の気温の空域を飛ぶと、正面の風防にサッシの付近から雪が着きはじめ、運が悪いと前面全体に着いてしまってまったく前が見えず、横の窓から前方を覗いて飛ぶ羽目になり、大変危険性が高く、このようなときにはエンジンの空気取り入れ口付近や尾翼などにも同じように着氷している恐れがあります。
 
 このような時は通常高度を下げてみて、外気温度が高い空域を選びつつ、不時着に備えるというかなり緊張した場面となり、デフロスターはもちろん全開ですが、外側の着雪を溶かすような能力は望めないので外がよく見えない状態のまま不時着場所を探すことしかないでしょう。
 
 降雪中の飛行には強力なデフロスターが欲しい所ですが中型以下のヘリにはこのような装置はないので、気象判断はより慎重でなければなりません。

 秋からいきなり真冬へ、、、


 
 
 今年の冬将軍の到来は荒っぽいようで、11月中旬だというのに札幌ではいきなり15セントもの積雪で、18年ぶりということだそうです。
 
 さすがの道産子も驚いたでしょうし、車の冬タイヤは準備出来ていたのでしょうか、ドクターヘリの冬支度も間に合ったのでしょうか。
 
 ドクターヘリの冬支度はスキッドにつけるスノーシューという雪上の着陸でヘリが安定して接地し、やわらかい雪でもあまりに深く沈まないように、幅広の板を取り付けるものです。
 
 機体の準備はその程度ですが、パイロットや整備士などが冬季のヘリ運航上、良く理解しておくべき項目を復習したり、運航マニュアル上の制限事項などを読み返してみる必要があるでしょう。
 
 おおむね0度C以下の運航や、降雪気象状態の飛行や雪上の離着陸も、通常の季節とは幾分変わった制限や注意事項もあるので、約8ヶ月前の年初の冬を思い出す必要があります。
 
 また冬季間の運行では特有も事故が過去に多く発生していますのでそのような事例を復習して、同じような事故を起こさないためにはどのような注意がいるか、また危険性は何かなどを良く勉強することは、安全運航には非常に有効となります。
 
 今年のようにいきなり、真冬のような厳しい天候が訪れるとそのような準備がまだ出来ていない恐れがありますが、いかにいきなり強い冬型が訪れたとしても、天候の流れは大きく見るとこのまま、真冬の突入ということはまれで、普通は強くなった弱くなったりを、繰り返しながら徐々に真冬に向かうというパターを取ることでしょう。
 
 冬季の運行はヘリの運航自体もそれなりにリスクが高くなるということは否定できませんが、それ以外にあるのは、ヘリの乗り降りや、凍結したヘリポートでの人の転等事故で骨折したり、捻挫したり脱臼したりと、一般社会で起こることと同じことがより多く起こる可能性があるということを忘れてはなりません。
 
 ドクターヘリの運航上でも、パイロットが除雪中に骨折した事例もありますし、私が経験した事例で、アイスバーン状のヘリポート上に着陸し、機外へ出る整備士にすべるから気をつけてと機内通話で言ったのですが、3名とも見事に転びました。
 
 エンジンを止めて自分も気をつけて下りたつもりが見事に転び、4名全員が転び、しかも一人は肩を脱臼してしまいました。
 
 クルーが怪我をしてはドクターヘリの救命ミッションも出来なくなり、何のためのドクターへリかということにもなりかねませんし、それよりも安全運航というものは地上上空にかかわらずクルーが安全であるということが基本ですので良く注意してわが身を守って欲しいものです。

2年で1000校 廃校 公立学校、、、


 
 
 
 
 ニュースによるとここ2年間の間に1000校もの公立学校は廃校になったそうです。
 
 ドクターヘリで飛んでいるときは、過疎地の廃校に高齢者の患者さんを迎えに行くことがある程度の定番となっていました。
 
 廃校と言っても、集会場や都会の市の林間学校などとして、何とか維持、使用されている所もありましたが、小規模の小学校跡地などはまったく使用されずに放置されている所も多くありました。
 
 中に県などが費用を負担して、廃校のグランドの中央部に舗装をしてヘリポートとして有効利用などと新聞が書いた所もあったりしました。
 
 いまや日本中の過疎地が同じような運命をたどっていることは最早ニュースにもならないほどで、これといった策はまったくなく、お手上げ状態がいつまで続くのでしょうか。
 
 平和が長く続くと少子化が進み、戦争が起こると子供が増えるのは人間の動物としての本能が影響しているようで、政府がいかに子供を増やすようにと優遇政策をとっても殆ど効果はないようです。
 
 さらに女性の活力を生かして経済発展などと、わざわざ子供を育てないで、労働力の減少を補うようにとのまったく逆の政策も取っていますので、今後百年程度は大戦争でも起きない限り、人口増は望めないようです。
 
 日本よりも極端な一人っ子政策を取ってきた中国はバブルの崩壊に続いて、労働人口の極端な減少で、国家が崩壊して、自滅するときに周囲に大戦争を仕掛ける危険性がありそうです。
 
 さて、今ドクターヘリの患者さんの分布は、廃校が多く存在するような過疎地に残された高齢者の方たちの心臓疾患、脳疾患などがかなりの割合を占めていて、日本全国のドクターヘリによる搬送患者の平均年齢を計算してみることも、将来を占う良いデータとなりそうです。
 
 人口分布とその年齢分布が10年後20年後のドクターヘリの配置の再編成を導くデータとして、読み解けば、今、廃校が5000校で打つ手なしなどという、地方自治経営の放漫状態を先取りする、先手必勝となるかもしれません。
 
 少なくとも20年後、30年後は確実ですが、いま定年年齢の団塊の世代のほとんどが死に絶え、今過疎地と呼ばれている田舎には殆ど誰も住まなくなって、ドクターヘリは都市周辺だけということになるのでしょうか。
 
 そのころにはドクターヘリは半分の数になり、ほとんどがオスプレー小型版 AW609に変わり倍の速度で、倍の面積をカバーすることとなるのでしょうか。
 
 今まさにというか生まれてずっとですが、段階の世代の真っ只中の私が、30年後自分が予想したようなドクターヘリの変遷を見届けることが出来るのでしょうか。
 
 95歳だからやはり無理でしょうね。

いよいよ衆議院選挙?ヘリコプターは?、、、


   このヘリはたぶん日本初号機目の212 選挙ではいつも活躍しました
 
 
 ここへ来ていきなり選挙という風が吹いてきたーとマスコミがこぞって反対しています。
 
 安倍総理が消費増税延期を争点の選挙に打って出ると、いよいよ民主や社会党など、息の根が止まる可能性がありそうです。
 
 政権を安定させてどんどん政策を打っていく下地が出来るなら、団扇や観劇で傷着いた党を洗濯することも、消費財を先送りすることも良いでしょう。
 
 選挙といえばヘリコプターの出番で、昭和30年はじめ当時からヘリを選挙運動に活用していたのは自民党だけではなく、朝日ヘリコプターの社史には確か、当時の社会党の委員長がベル47で移動中、墜落か不時着したので味噌をつけ、選挙で大負けをしたというようなことが書いてあったように思います。
 
 その後も社会党は勢いの良かった当時、山が動いたといった土井委員長がベル212を相当使ったことがありました。
 
 選挙にヘリコプターが有効なのは、弱小候補が当落線上にあるときに、時の首相など人気の高い大物政治家が短時間でも、現地を訪れて落ちそうな候補者の応援演説を打つことが大変有効であるようです。
 
 人気のあった福田赳夫元総理や田中角栄元総理現在の安倍総理も父親の安倍さんもヘリを良く使ったものです。
 
 これが今の民主党のように、当落線上のぎりぎりの候補者を応援に、アグラ牧場の前科がある煮え切らない、海江田党首や、目つきの悪い枝野幹事長などが来ると、かえって当選が危なくなるような場面ではヘリの出番はないでしょう。
 
 自分自身は土方パイロットで生コンや木材ばかり運んでいたので、選挙のフライトは殆どお座敷がかかることはなかったのですが、何人かは自民党の国会議員を運んだ経験ぐらいはありますし、ご苦労さんといわれてポケットに手を入れられたこともありました。
 
 12月に選挙になると中旬が応援のVIPの移動のピークとなって、安倍総理や若手人気一番の小泉議員などが全国を飛び回りそうですがちょうど冬の始まりの天候の悪い時期にかさならなければと思います。
 
 選挙の応援の場合、スケジュールが細かくて、5分単位など普通なので、パイロットには結構負担が大きくて、大群衆の集まる場所へ空から舞い降りて、すぐさま応援演説という晴れ舞台が、着かないなどとなると、結果落選ということにもなりかねません。
 
 さて野党はヘリを使う元気があるか、自民は余裕で人気のある大物がヘリで全国を飛び回るか、ニュースに注目して見守りたいものです。

神道、、、、

 
 観光ボランティアガイドの会に入って活動を始めて1年少し過ぎ、お客さんに何とかガイドの真似事で話を聞いていただくこともあるようになってきました。
 
 昨日はその会の研修で10キロも歩いてきて、さすがに足腰が痛んでいますが、毎回多くの新発見があって結構楽しい勉強となっています。
 
 

 
 
 神道と書いて神の道と教わりましたが、神社の本殿へ続く入口からの参道の中心部にこのような看板が立ててありました。
 
 多くの神社へ出かけたことがありますがこのような看板はなかったような気がしますがもしかしたら知らなかっただけかも知れません。
 
 幅50センチほどの通り道ですがこれrは神様が通る道なので、一般の人間は遠慮して通らないようにということだそうです。
 
 この写真の神社はごく小さな神社ですが、もちろん1000年以上の歴史があり、日本人は大昔からこのような精神を持って神を敬う歴史を延々と続けてきて現在に至るという、世界でもめずらしい歴史を持った国家なのでしょう。
 
 話はどんと飛んでドクターヘリは神ではありませんが、瀕死の人の救命をするいうなれば、むかしから神様がしてきたようなことをなすのですが、飛ぶに当たって神の道はないといえるでしょう。
 
 なぜならば、離着陸や低空飛行は自由に出来ますが、空港近辺など制限空域への飛行は優先的な取り扱いを管制官が出来るということになっていて、この制度によると神(ドクターヘリ)を人(管制官)が優先しないこともありうるとなっています。
 
 自衛隊の管制官はドクターヘリの飛行をためにブルーインパルスの飛行を制限した事例があるそうですから、ドクターヘリのフライトを理解していたということになります。

 函館ドクターヘリ、搬送訓練実施、、


 
 
 
 広い北海道で4機目となる函館ドクターヘリが2月の運航を前に、搬送訓練を実施したようです。
 
 北海道は普通の都府県に比較すると面積が4倍程度もあって、4機のドクターヘリでカバーすればやっと他の都府県並みの密度にはなりますが、それでも旭川がカバーする稚内や礼文利尻の離島が40分以上かかりそうです。
 
 広すぎる面積がひとつの問題なら、もうひとつの大きな問題は12月から3月ころまでの冬の天候も大きな課題となって、ドクターヘリにのしかかることでしょう。
 
 冬の天候の雪が大きな問題なのですが、晩秋から各地で吹く強い風も気になるところです。
 
 私が35年間飛んで一番風で痛めつけられたことで印象に残っているのは、北海道の日本海側と、日高山脈超えでした。
 
 ヘリコプターで冬季間運行する多くの仕事では、強い冬型になればその日のフライトは朝から中止とし、天候の合間を見て飛ぶなどということははじめからやめたほうが無難で、そのような地方で勤務しているクルーは心得たものでしたが、応援で入るよそ者の自分たちはどうしてもまじめに飛ぼうとする傾向があって、良くアドバイスされたものでした。
 
 人命に直結するドクターヘリは、そのような大雑把な天候判断をするのではなく、そのときそのときの天候状態を良く見て出来るだけ飛ぶべきだという意見も聞こえてきそうですが、冬の天候変化を裏日本や北海道で経験したパイロットは、その点良く心得ていて、天候急変にあってひどい眼に遭う確率も低いようです。
 
 強い冬型の気圧配置の天候の場合、一時的に晴れても、急変する可能性が高いと言うkとは良く心得ておいて運行することは、結局安全確実に患者さんを搬送できると言うことにつながることでしょう。
 
後は雪上着陸時の雪の舞い上がりと、傾斜にどのように対応するかと言うことも、大きな課題となることでしょう。
 
 北海道の原野、山岳地帯を飛ぶとき、たまに、狐、熊、などの野生動物を見かけましたが、野外に着陸した場合、怖くなるほどの寂しい思いをしたこともよくありましたので、注意が必要となるかもしれません。
 
 空自のスクランブルのパイロットは確か昔は熊対策で拳銃を携行していたと聞いていますが、今現在はどうなっているかはわかりません。
 
 内地とはいろいろと違ったことがありえる北海でのヘリ運航ですので、安全運航を継続して欲しいものです。
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR