スカイマーク倒産か?、、、

 

 
 
 
 スカイマークがA380巨人機の購入のキャンセルを発表し、受注していたエアバス社が最大700億円の違約金を取ると言っているそうです。
 
 すでに265億円も払い込んでいるそうですから、約1000億円がパアになる危機で、エアバス社はすでに交渉は終わったと言っているそうです。
 
 総額2000億円のお買い物のキャンセルが1000億円とはボリにボッタものでずいぶんと足元を見られたものです。
 
 スカイマークは日本初のLCCでJALとANAの独占市場であった、定期航空市場に安値で打って出た、社会が在る意味求める大事な企業でしたがここに来て、一挙に倒産の危機に陥りそうです。
 
 大手JALとANAがスカイマークの進出に大きな危機意識を持って、自社の系列にLCCを次々と設立し、うっとうしいスカイマークを上と下から挟み撃ちにし、スカイマークの業績 利益率を低下させ、いずれつぶして以前の寡占状態に戻したいと言う腹黒い思惑があった可能性がありますが、このように早くも、その時期が来るとは思いもしませんでした。
 
 大体 エアバス社がスカイマークの経営を大手の傘下に入ることを、A380 購入契約変更の条件として突きつけたと言うことが表に出ていますので、なんと言う卑怯な内政干渉で、まるでエアバス社にまで、日本の大手や航空局の見えざる手が入っているのではないかと疑ってしまいます。
 
 スカイマークは年間売り上げ850億円程度らしいので、短期で1000億円の損金の支払いにはとても耐えられないでしょうから、せっかく築き上げた貴重な運航体制がまるまる傷つくことなく、ファイナンス、営業企画の大失敗で消え去る運命に直面しているようです。
 
 ちょっとみすぼらしい程度のものですが、小型の双発機をみずから飛ばす、スカイマークの西久保社長はこの大ピンチ 絶体絶命のエマージェンシーをどのように乗り切れるのでしょうか、事態はエンジンから火が出て、出力が落ち、しかも燃料もあと少ししかない程度の最大の危機と思うのですが、どうなることでしょう。
 
 やはり残る道は、JALかANAにA380 の購入権利をつけて、スカイマークの路線や社員のすべてを殆どただ同然で引き継ぐことしかないのでしょうか。
 
 航空会社の命運はかなり大手のスカイマークですらこの程度でぶっ飛んでしまうのですから、ドクターヘリや防災ヘリの運航を請け負っている、ヘリ会社などはほとんどそれこそ吹けば飛ぶような存在で、安定した業績を続けている会社はあまりないと言っていいほどでしょう。
 
 しかもその小さな会社が、ヘリなど航空機の運航を専業にしているところは少なく、ほかに何らかの業種を営んでいるところも多く、その部分の業績の悪化が本業に悪い影響を与える可能性も否定できません。
 
 何しろ航空会社はその業績や、人員育成などがうまく言っていても、事故が起こる可能性があり、いわんや、明日の給料の支払いや燃料代の支払いに事欠く会社などは、いつ墜落しても不思議でない、家庭不和のような事態になると乗せられる顧客はたまったものではありません。
 
 と言うことで、公的なヘリの運航を、民間会社にすべて預けて行うことには、かなりの慎重な姿勢が必要となるのですが、民活 民活 コストダウン コストダウンの掛け声の前にはなんら抵抗力はありませんし、自主運航もそれほどうまく行かないと言う実態が暴露され続けていて、さて今後どうしたものなのでしょうか。
 
 スカイマーク がんばれと言うしかありません。
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
8位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR