スタップ騒動 次の展開は??(2)、、、、

 

 
 
 sco*t*ami*19*4さんの書き込みから非常に重要な情報を得ることが出来ました。本当にありがとうございます。
 
 理研が小保方さんを一方的に避難する理由が良くわからなかったのですが、教えていただいたURLの女性化学者の方のブログを読んで良く理解できました。
 
 小保方さんが大学を出て以来、今回のスタップ細胞に関する論文をネイチャーに掲載するまでの研究活動や実績論文をすべて詳細に調べ上げて、疑惑が解明されたとして、批判、断罪しているようです。
 
 例の武田教授は今回のネイチャー掲載の論文は非常に良く出来ていると評価しているのと同時に、写真が間違っていたとか、博士論文の写真を流用していたとか、博士論文の巻頭部分がコピペであったとかを、写真を切り貼りしているとか、小保方さんを叩く根拠になるデータを1,2ヶ月で世の中に公開したのが誰で、どのようにその情報を突き止めたのかわからないと書いていました。
 
 女性化学者の方のブログと武田教授のブログの両方から推測するに、ネイチャー掲載論文は小保方さんが積み上げた実験などのデータを信じて、共著者で細胞分野の世界的権威と言われる、山梨大の和歌山教授が情実におぼれて書き上げたのではないでしょうか。
 
 武田教授が論文は良く出来ていると評価するのはごもっともで、ネイチャー誌も同じように判断して掲載に及んだのでしょう。
 
 和歌山教授は論文を書いた時点では小保方さんのデータを疑っていたのかどうかわかりませんが、結果的にSTAP細胞だと保存しているもののDNAが違っていることで、すべてのデータが信用できなくなって、小保方さんの博士論文からすべて洗いなおしたのでしょう。
 
 そして論文は取り下げるべきであると結論つけたようです。
 
 表に出てきてそれを言えないのは不適切な関係を疑われても仕方がないでしょう。
 
 小保方さんの現在に至るすべての研究データや経歴などについて調べ上げることが出来るのは、理研の内部の人間でもごく一部の上司でしかも、今回の論文の作成や実験の深くかかわっている人間しか知りえないことでしょう。
 
 これならストーリはすべてつながり、スタップ細胞はただの亡霊であったと言うことで一件落着となります。
 
 今日の読者の方の書き込みで知った新しい情報で、私は今の時点ではどちらの言い分が正しいのかわからなくなってしまいました。
 
 もし 小保方さんの亡霊細胞の情報に大の男どもが振り回されていたと言うことが、すでに実証されているのなら、理研や和歌山教授など関係者は恥をしのんですべてを明らかにするべきでしょう。
 
 
 大恥であったと言うことを隠そうとすると、日本国家全体のさらなる恥の上塗りとなりそうです。
 
スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
7位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR