コードブルー2NDシーズン、、、、、


 一昨日、月曜夜9時はコードブルー2NDシーズンが始まりました。ドクターヘリを仕事としているものとしては見ないわけには行きませんので、しかたなく(笑)見てしまいました。

 月曜9時はお目当てのたけしのテレビタックルとまともに重なってしまうので、毎週困ったことになるのですが、録画で対応するしかないでしょう。

 ドラマのメインのいわゆる医療もののストーリーにはあまり興味がわかないのでヘリがからむカットを中心に見てしまいましたので、評価はあまり正確には言えませんが。

 ヘリコプターが絡むカットは日本の映画、ドラマとしてはかなり良い出来で、空撮用のAS350の高性能カメラの性能もあって、非常に良く取れていて、今までにないようなカットもありました。

 河川敷の地上すれすれの高度を通過するドクターヘリのカットは、上空でホバリングする空撮用のヘリからの撮影だと思いますが、離着陸する前後の飛行ならば低空飛行の許可にうるさい航空局の許可を取ることも必要でないので、あのような超低空飛行のカットを上空から撮ることが可能になります。さらにいまのヘリ搭載の防振架台とビデオカメラの高性能なら簡単に安定したシーンが取れるのでしょう。

 エンデイグのドクター候補生たちが桶川の滑走路の上を走る後方を、ホバリング移動して着いてくるドクターヘリのカットもただのホバリング移動なのですが、目新しいカットでしょう。

 離陸したドクターヘリが病院の建物を過ぎてすぐ、深いバンクで旋回に入って目的地方面へ病院の建物をバックに低空で急旋回するカットも編隊を組んだ撮影機からうまく撮っていました。なかなか スピード感のあるよう絵でしたが、本物のドクターヘリはあそこまで急に旋回することはまれでしょう。

 飛行中のヘリを撮った絵がドラマや映画の場面チェンジのカットのつなぎにこのように多く使われることはほとんど初めての事で、ドクターヘリがテーマのドラマなればこそなのですが、本当のテーマは実はドクターヘリではなく、若者の新人ドクターのたちの成長が、医療現場やドクターヘリをつまに描かれているというのが実態でしょう。

 しかし、空撮を含むヘリのカットは非常に工夫してよく撮れているように思います。

 さて、来週からテレビタックルを見ようか、コードブルーを見るか悩むところです。

スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR