奈良でたらいまわし6病院 男性死亡、、、、


6病院受け入れ拒否、男性死亡 生駒市
3月28日10時41分配信 産経新聞

 奈良県生駒市で今月21日、意識を失って救急搬送された男性が、近隣の6つの医療機関に受け入れを拒否され、大阪府内の病院に搬送された後に死亡したことがわかった。

 生駒市消防本部によると、死亡したのは同市の新聞販売所従業員の男性(62)。21日午後1時40分ごろ、同販売所の119番で救急隊が駆けつけたところ、男性は意識不明で、搬送中に心肺停止状態になった。救急隊は蘇生(そせい)措置を行いながら搬送先を探したが、「処置が難しい」「ベッドが満床」として同市や奈良市内などの6医療機関に受け入れを断られたという。

 通報から約1時間後の午後2時40分ごろ、大阪府大東市内の病院に運んだが、到着から約30分後に死亡が確認された。死因は不明という。


 しばらく前、このブログに同じような救急事案が発生したとき。和歌山県だから救命されたけれども、たまたま奈良県に住んでいたから死んでしまったということがないように、救急体制の整備を願いたいものだと書きました。

 ちょうどその書き込みをした日くらいに心配したような事案が発生したことは、奈良県に住むものとしては非常に残念です。

 ならばドクターヘリが奈良県にあれば必ずこの件は救命されたのかという反論があるでしょう。

 実はドクターヘリがあると次のような救急体制が自然に備わるという利点があるのです。

 和歌山県はドクターヘリがあるのでドクターヘリのある病院はその日、県内で起こった一番重症で迅速な救命事案に対応するための体制を取ります。

 つまり重大な症状の救急患者さんを収容するために、空きベッドを常に確保するか、それができないときは必ず関係病院と連絡を取り合って搬送をできる体制を取ります。または自らの病院のHCUやICUのベッドコントロールによって何時からはベッドがいくつ空くというようなことも承知して待機します。

 この内容はヘリコプターの朝の始業時の運航クルーと医療クルーとの合同のミーテングでの確認事項となっています。

 つまりドクターヘリが飛ぶような重症の患者さんはたらいまわしに会う確率がほぼゼロとなるわけです。

 奈良県において3次救急病院と2次救急がいくつあってどこに配置されているかは知りませんが、その日に起こった県内での一番重症で急を要する救急患者さんが入る病院は、その救急事案が起こってみないとわからないような体勢では今回のようなことはいくらでも起こるでしょう。

 ドクターヘリに乗るフライトドクターもフライトナースもパイロットも整備士も、また病院の救急外来も皆ヘリが運んでくる県内で一番重症な救急患者を救命するために自然とその体制が組めるということです。

 はじめから他県のドクターヘリを当てにしているようでは本当に県民のために救急体制というものができるのでしょうか。

 自分は奈良県民ですから、自分自身や家族、地域の人々のことを考えると、やはり和歌山県に負けない救急体制を作ってほしいと思います。


 http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032801000513.html
 この件は明日とりあげます

スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR