FEDEX機 ポーポイズでクラッシュ、、、、


 今朝 朝テレビを付けたとたん、衝撃的な映像が映像がテレビから流れていました。

 成田空港でフェデックスの貨物機 DC11が炎上していました。

 その後のテレビで航空専門家がいろいろと解説していましたが、ポーポイズだと言った人は見かけませんでした。

 ジェットの経験は少ししかありませんが、一度ポーポイズなるものをT33の時に同期生が入り、着陸復興(ゴーアラウンド)していくのを目撃したことがありました。

 絵に描いたようなポーポイズによる事故がテレビで再現されていましたのでそのメカニズムを今日は書いて見ます。

 今日のように強風が息をついて吹いている時は、最終進入の速度をガスト成分の2分の1プラスした分早いアプローチをします。急に風が止んで、対気速度が遅くなると揚力が急激に減って落とされる恐れがあるからです。

 今回 引き起こしをしていまや接地するという瞬間、風が止んで落とされて、落着となったようです。

 メインギアが激しく接地すると、飛行機の重心位置は前にありますのでバウンドして尻尾があがり頭が下がろうとしますので、瞬間の瞬間操縦桿をさらに引いて頭を上げようと操作しますがその舵が聞いてくるころにノーズギアが滑走路をたたき、頭が急に上がります。バウンドして上がろうとするモーメントと上げ舵と合わさり大きく頭が上がりますので、今度は大きく下げ舵を取ります。

 その時にまたメインギアが滑走路について頭が下がりますので、使う舵の量と機体の動きがだんだんと増幅して大きく頭揚げとなって、失速して墜落という、最悪のパターンでした。

 自分が目撃したT33のポーポイズは滑走路の真ん中あたりまで、ノーズギアとメインギアが交互に設置を繰り返していましたが無事にゴーアラウンドして事なきを得ました。

 このポーポイズからの脱出は、エンジンパワーをフルに入れて、操縦桿は離陸位置で保持してゴーアラウンドしかありません。

 パイロットは初期に訓練を受けている間は、アプローチ、着陸によく失敗して、ゴーアラウンドをすることがあるので、躊躇なく出来るようですが、ベテランになるほどゴーアラウンドすることがなくなっていて、プライドや保身などが影響し、最悪になるまでゴーアラウンドの決心が出来ないようです。

 先日のトルコ航空機の事故にもそのようなところが見受けられるように思います。
 

スポンサーサイト



 空母型護衛艦 ひゅうが 就航、、、、、





 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090318/plc0903181052005-n1.htm

 海上自衛隊の新造 護衛艦 ひゅうが が就航したニュースがありました。

 この護衛艦は海上自衛隊初の空母方で同時に4機のヘリが離着陸できる大きな飛行甲板を持つ護衛官だそうです。

 ヘリコプターパイロットとして興味があったのは、どのような着陸帯を持っていて複数のヘリが同時に離着陸できるのかということです。

 これは自衛隊の運用するヘリコプターですので、いわゆる航空法の適用を受けないとはいえ、安全に関する基準というものは、航空の分野では軍であろうと民であろうと大きなものは変わらないでしょう。

 民間のヘリはアプローチとデパーチャーの空域の障害物からの保護と着陸帯の障害物からの保護という観点から、このような複数の離着陸というものを認めないという方針があるようです。

 しかし ヘリコプターが屋上へリポートなどでの複数機同時運航という要求も出てきそうな時代にあまりに合理的でない広大な着陸帯を設ける意味がありませんし、かといって翼端間隔2メートルでは一寸危険すぎるかもしれません。

 また 着陸帯とパーキングスポットという考え方は広い地上のヘリポートを設計整備するにはよいでしょうが、複数機同時運航の屋上へリポートや石油開発用プラットホームのヘリパッドの設計建造にはとても向かないでしょう。

 また 民間はヘリポートにつけるマーキングは航空法上はどうしても○にHマークしか認めていませんがこれに拘束されない自衛艦には他機やその他の障害物との間隔を性格に設定して着陸できるようなマーキングをしています。

 しかしこのようなものでない海上保安庁の巡視船のヘリパッドには民間機登録のJAナンバーのヘリが合法的に離着陸していますが、これには通常の○にHマークはついていませんし、広さや障害物も通常の場外離着陸場にしてはどうも基準を満たしていないように見受けます。

 要は必要な安全基準は何かということと、それがちゃんとした規定になっていて、その基準を守った施設を作って、基準どおりに安全に飛ばすということが肝心でしょう。

 民間ヘリポートや場外離着陸場の基準が航空法その他規定類で決まっているから、それを未来永劫いつまでも守るべきだ。基準に反するものはまかりならんなどということは北朝鮮でも今はやっていないでしょう。

 さすが自衛隊は航空機 ヘリを飛ばすプロです。

プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
9位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR