毎日文章を書くということは、、、、


 2007年5月3日 このブログを書き始めてまもなく2年になります。

 日ごろ 思っていることを書き留めておこうと深い意味もなく始めたのですが、それがちょうど世間でドクターヘリと言うものが話題になり始めていたころでした。

 自分自身も前の会社を辞めて、新しくドクターヘリというものに乗り出したころでしたので、自分のヘリコプター史と今のドクターヘリに関して思いつくまま書き連ねることとしました。

 まさかこれこれほど長く続くとは自分自身も思いませんでした。

 自分史というものは少し興味がありました。実は妻の親父が自分史のようなものを書き連ねて、妻に何か小さな小冊子のようなものにして、親戚 友人など身近な人に配りたいと言っていたのです。

 義理の親父は兵庫県但馬の貧しい農家の長男でしたが大阪へ出てきて小さな町工場をして、生計を建てたのですが、戦争中は満州へ開拓農民として渡り、戦後のドサクサで引き上げのときに妻子を亡くし、一人で自暴自棄で復員して落ち着いて後再婚して、女房たち姉妹をもうけて育てたつらい人生を送った人でした。

 ノートにそのような自分史を綴っていましたが 自分では製本や印刷することも出来ないので、妻に何とかしてくれと頼んでいましたが、実現することなくこの世を去ってしまいました。

 このような経験があったので自分自身は、まだ早いかも知れないけれども何か書き残してみようかと考えていたところ、ブログなるものがあって写真や文章をアレンジして、毎日日記のように書き残していけば、いずれ子や孫がおじいちゃんはこうだったとわかるようなものが残せるのではないかと思った次第です。

 物を書くということはやはり自然といろいろと考えるので、自分自身のためにもずいぶんと役に立つものだと思い至りました。

 当初の目論見とは少し見込み違いで、子供3人30代 孫2人小6中2はほとんど読んではくれませんが、何十年かして残っていれば読んでくれるかも知れないとひそかに期待はしています。

 ちょうどドクターヘリというものが時流に乗ったものであったのでしょうか、思いのほか業界関係者や一般の方が多く読んでいただいているようなので、かなり一生懸命になって書くようになりました。

 おかげで 2チャンネルの書き込みにあの野郎はいったいいつ仕事をしているんだと書かれたほどです。

 今は前の会社の時とは立場が違い、一操縦士としてドクターヘリの運航のみに専念させていただいていますので、比較的時間的にも、役職的にも余裕のある身です。

 よって好き勝手な戯言を毎日書き連ねることが可能となっています。

 従いまして、目に余る暴言 虚言 などどんどんご指摘 ご叱責 よろしくコメントお願いします。

スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
12位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR