ヘリコプターで出来る特殊な作業、、、、、


 http://www.youtube.com/watch?v=2uGP7_wXNsE&feature=related

 先日 ブログにpunpun0461さんから紹介してもらった珍しい映像があります。そしてこれはいったい何をしているのかという質問でしたので今日はこのことを取り上げます。

 これは高圧送電線と鉄塔との間を絶縁している瀬戸物で出来た碍子というものを洗浄している作業です。

 長期間 風雨にさらされて碍子が汚れて、絶縁性が落ちるために 日本でも定期的に作業員が鉄塔上に上がってモップのようなもので磨く作業を実施します。

 人が上がるためにはその期間、電気を止めてアースを取って作業をする必要がありますので大掛かりな作業となります。

 そこでヘリコプターに搭載した洗浄液をノズルから噴射させて碍子に吹き付けて洗浄する装置を開発して、停電することなく作業をしているようです。

 日本にも同じような装置がすでに開発されていて、この作業には使っていませんが、松くい虫防除の単木防除 一本の木だけ直接吹き付けるために開発され 現に使用されています。

 ガンノズルと呼ばれていて、パイロットが直接オンオフと方向をコントロールできるようになっていて一人乗りで出来るようになっています。

 ただこの装置で碍子に吹きつけても、鉄塔側の少しの部分はどうしても汚れが落ちないようです。

 一応アイデアとしてはあったのですが実現はしていませんし、果たしてこのような飛び方が日本で許可されるかどうかはかなり難しいところです。

 提案としては、おなじ装置を使って、大規模な太陽光発電の実験設備を各電力会社 作ったことがあって、その太陽電池の表面の汚れを落とす作業に苦労しているという話がありましたので提案しましたが実現には至らなかったことがありました。

 アメリカは実に自由な国で、もっと危険性の高い、素線切れのある送電線をヘリで直接溶接して修理する作業などもやったことがあるそうです。

 送電線の本線の素線切れは、テンションがかかっているので単線がほつれて巻きがもどり、垂れ下がって下の本線に当たると重大な事故となる可能性があります。

 ヘリコプター巡視中に発見すると、多くの場合、発見者は表彰されたりしていました。

スポンサーサイト



プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
6位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR