電気自動車 ハイブリッドカー 合法脱税 、、、

ドクターカー導入 (2)

 今日の写真はドクターカーとドクターヘリの写真ですが話題は自動車です。

 電気自動車やハイブリッドカーが開発され実用化した理由はやはり地球温暖化と石油が40年で無くなるという世論誘導、洗脳の結果であると思います。

 先日のブログは温室効果を持つ二酸化炭素を減らすために狭い日本にあまりに多く導入された自然エネルギーの太陽光発電と風力発電が逆に森林からの水の蒸発気化熱を減らしてしまって、日本温暖化を招いているのではないかと言う私の意見でした。

 さて今日の話題はハイブリッド自動車と電気自動車の普及が1リットル当たり52円も課税されている車に使用するガソリンや同じように課税されているジーゼル燃料の消費量が減ってしまい、道路整備財源が減ってしまうのでないかと思います。

 石油が無くなるから消費量を減らすということで、電気自動車やハイブリッド車の導入を進めるために、ガソリン税以外にも多くの特典を与えて、その減税分はほぼ自動車メーカーのポケットに入ってしまいましたが、それは自動車会社が天下りを多く雇い入れて、合法的に脱税制度を構築してしまったからです。

 電気自動車もハイブリッド車も走行時にはCO2を出さないとか半分だとかで、消費者が負担する見かけの燃料代は半分以下になっていて、メディアによる洗脳を受けた一般平民は完全に騙されていますが、電気自動車は発電所で炊く石油からタイヤを回す動力になるまでの熱効率は送電エラーや電池の製造エネルギーなどで既存のガソリン車とどちらが効率が良いかはそう簡単には出ないようです。もちろんCO2の発生量もあまり変わらないようです。

 ハイブリッド車は電動駆動用に付けくわえる機器類の製造にかかるエネルギーや価格上昇で車の寿命が終わるまでトータルエネルギーがどの程度有利か微妙なところだそうです。

 つまりどちらの自動車も石油の枯渇とCO2による地球温暖化の洗脳がきっかけとなって開発が進み、政治官庁産業界が作った虚像によって発展したもののようです。

 合法的に税金をまけてやって導入を促進するのは正しい未来に進めるなら良いのですが、ごまかしで間違った方向へ引っ張ると修正が効かなくなって破滅します。

 少なくとも一般自動車が負担して道路整備財源としているガソリン税は概算で1リットル10キロ走るとして、1キロ5円程度です。

 この税を合法的に脱税させている理由はもはやないはずですので、電気自動車もハイブリッドカーも正しく負担する制度にするべきでしょう。
スポンサーサイト



実用化するか、電動航空機、、、



 写真は単座の電動ヘリコプターですが、車はじめ航空機まで電動化の研究が進んでいます。

 昨日はベル社がテールローターを電動化する試みに成功し、どうやら実用化に進みそうですが、タービンエンジンをやめて電動化する研究が固定翼で進んでいて、まさかと思いましたがヘリでも写真のようなものが飛んだようです。

 車をはじめ航空機まで何のために石油で回すエンジンを止めて電動化する必要があるのか、また技術的に可能なのかというそもそも論がどうも完全にはクリヤーになっていないようです。

 電動化のもともとの始まりはやはり石油資源有限説で、石油が無くなれば原子力と太陽光、自然エネルギーから電気を起こして、バッテリーに充電し、その電気エネルギーで動かすしか方法がありませんので、研究せざるを得なかったと言えるでしょう。

 ところが石油が近い将来枯渇するという理論は大嘘だとわかったので、研究は一挙に下火になりましたが、次は石油などを燃やす化石燃料は空中の2酸化炭素を増やし、地球の温度が上昇するという地球温暖化で人類が滅びるという脅しで、またしても電動化が息を吹き返しています。

 さらに最近は地球温暖化理論はおかしいということがばれて、気候変動などと言い換えて詐欺を継続し始めましたので、電動化が盛んに言われ、その余波で航空機の電動化なるものをメデイアが好き好んで取り上げています。

 その最先端を行っているのは人が乗るドローンで、墜落して死ぬことを厭わなければ今でも中華製ドローンに乗れば飛べそうです。

 人間が使う油の石油エネルギーが最も有効なのは、地球のどこにあるかわからない石油を多くのエネルギーを使って探し出し、ポンプでくみ上げ、タンカーで輸送し、精製し、燃料タンクへ入れるまでに要したエネルギーの総計を1リッターあたりを割り出し、その燃料タンクへ入れた1リッターが出すエネルギーの差が大きいので実用出来ているのでしょう。

 もちろんエンジンを作ったり、航空機や来るかを作ったりするのに必要なエネルギーも差し引く必要がありますが。

 次は技術的、科学的に電動の車や航空機が製造できるとしての話ですが。

 電動の車や航空機のバッテリーに電力を充電する場合に、1キロワットアワーの電力エネルギをどこかで発電し、送電線などを通じて充電機まで届けるのに何キロワットのエネルギーが使用されたかの差が最終的に石油内燃エンジンを使用する場合の効率に、最終的に勝たなければ実用化しないし、電動にする意味はないでしょう。

 電気を起こす場合、現在は石炭と石油以外のエネルギーは、おおむね総じて1キロワット主すために必要なエネルギーが1キロワット以上必要な赤字操業で、その赤字は2酸化炭素削減ということで黙認していますが、赤字であるということはより多くの2酸化炭素を出しているということで、ごまかしで操業しています。

 よりエネルギー効率の良い発電は石炭か石油しかなく、わざわざ石油を電気に変えて、遠くから送電してきて車に充電するなら初めからタンクに石油を入れたほうがエネルギーの無駄はないでしょう。

 太陽光発電は1キロ起こすために必要なエネルギーはパネル製造と耐用年数、日照と送電効率、稼働時間、発電効率などをすべて計算すると発電すればするほどエネルギーの浪費で、より多くの2酸化炭素を出しているようです。

 このようなことは科学者がまともに計算すれば極めて明確で、何の反論もできない事項らしいですが、政治的欺瞞で誰かがぼろもうけをしているようです。

 石油の生産から最終燃焼までのエネルギー効率は他のエネルギーを大きくしのぐ高い効率であり、尖閣列島や日中韓大陸棚に数百年分あるらしいものなどあてにしなくても、中東などから無尽蔵に手にはいり、しかも産油国は日米独の石油生産技術や資材がないと一滴も採掘できなくなるので、電気自動車、電動航空機、太陽光、原子力など何の意味もないでしょう。

 太陽光、原発、電動自動車、電動航空機、地球温暖化このような言葉はすべて詐欺師の言葉です。

 

 
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
19位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR