コロナでトータル医療費は減るか?、、、



 コロナコロナで大騒ぎしている日本ですが、どうもコロナのおかげでずいぶんと良いことも起きているらしいのですが、コロナの恐怖をあおるメデイアがその点に触れることがありません。

 新型コロナがはやったおかげで普通のインフルエンザが例年に比較して全然はやらないそうで、多い年には1000万人か発病し、3万人もの方がなくなるそうですが今年は3分の一以下だと言われています。。

 1000万人の発病者は開業医で受診し、検査を受けて薬を処方してもらいますので2回ないし3回受診し検査薬で少なく見ても5万円10万円程度の医療費を使うでしょう。

 少なく見積もっても、1000万人×5万円でおおむね5000億、下手をすると1兆円程度の医療費が開業医のところへ落ちないことになります。

 いっぽう コロナは1万5千人の患者で発病は1万人程度ですから、一人頭100万円の医療費を使っても100億円程度で済んでいますので、死ぬ人数が何千人も減り、医療費も1兆円とか5000億円少なくて済む計算で、コロナのおかげと言っても良い事態です。

 ということで全国の開業医は大ピンチで、コロナの患者を拒否したおかげで倒産の危機にある診療所が多くなるそうです。

 開業医の診療所は高額の最新医療機械や多数のスタッフの人件費、繁華街の高い家賃などで採算が厳しい所もおおく、インフルエンザや花粉症など季節病に売り上げを頼っているようですから、今回のコロナ騒ぎは大変なダメージのようです。

 また、コロナの影響のようですが歯科医院がガラガラで、どうも、外出自粛や感染恐怖の影響をまともに受けているようでこの部分の医療費の削減効果もありそうです。

 また全国の介護料人への訪問看護や医師歯科医師、入浴などの派遣が感染防止のため最小限にしているようで、この部分の医療費もかなり削減されそうな感じです。

 このような医療費介護費はすべて保険負担の対象なので、全体が減れば厚労省の予算執行も減ることになり、日本全体の医療費は5兆円7兆円の節約になることもあながち嘘とも言えないでしょう。

 さてこれがコロナの影響ですが日本の経済全体では5%GDPが落ち込んでも25兆円ですから、喜んでばかりはいられませんが、変動の範囲が兆円単位ですので、もし兆円単位の削減が起きたのなら、ぜひともドクターヘリのパイロットの養成育成制度を確立してほしいと思います。

 もっと言うと県警ヘリ、防災ヘリ、消防へリ、ドクターヘリなど、公的ヘリのパイロット育成制度を確立し、安定した人材育成をぜひともお願いしたいというのが今日のブログの結論なのですが、話が飛び過ぎました。

 不安定な民間ヘリ運航業者や弱小飛行学校では必要な技量経験を備えたヘリパイロットを安定的に供給することは困難ですので、何とかこの機会に出来ないものでしょうか。

 厚労省の予算が5兆円も余るならですが、、、、
スポンサーサイト



暖かくなるとバイク事故、、、

WDH 11月23日から12月10日 003

 今現在は新型コロナウイルスの感染のニュースばかりで世の中は普通ではありませんが、例年なら暖かくなる4月ころからドクターヘリが対応する症例にバイク事故が増えてきます。

 覚知のドクターヘリが受け持っている地域で、バイク事故だけは定番のように同じ地域で起こりそれはバイクのツーリングのコースになっている、走ると大変さわやかで気持ちの良いコースがあるようです。

 全国的に有名なのは、紀伊半島の背骨の場所を高野山から竜神温泉へ通じる竜神高野スカイラインでほぼ40キロの国道が続いています。

 紀伊半島の背骨を通っていますので、消防署から20キロ以上あり、いったん事故が起きると救急車が到着するまで1時間近くもかかる場所もありヘリの有効な場所です。

 このようなバイク事故にはほとんど同じような特徴があって、その点を気を付けていただければ事故は少なくなると思われます。

 ライダーは40歳以上の中高年、大型バイク、事故が起きる時間は午後、特に夕方疲れの出る時間、事故の形態はカーブを曲がり切れずに路側に転落、センターラインをはみ出して対向車と激突などが多いようです。

 事故の通報は通過している車などからの善意の通報が多いようで、本人は携帯電話圏外などで通報できないケースがよくあります。

 女性ライダーは慎重な方が多いのか事故例はほんの数えるほどしかなかったようです。

 ツーリング日和の日には一日に3件もの出動があったりしました。

 春から秋まで竜神スカイラインはバイク事故のシーズンとなります。

大昔 急患の子供を運んだけれど、、、

インドネシア (461)

 30歳から31歳にかけてインドネシアで石油開発や木材開発などのチャーターヘリを飛ばしていたとき、飛行区域はジャングルの中で近くには小さな村が結構ありました。

 電気はないか発電機、学校らしきものはあっても病院もなく医者もいないようなところが多く、急病人が出たときには、開発会社のマネージャーにヘリで運んでくれと要請があって飛ぶことがありました。

 医者のいる町まで30分も飛んで、5,6歳の女の子を搬送したことがありましたが、高い熱を出して意識朦朧、汚い毛布に包まれて、母親らしき人に抱えられて、狭いヘリの後ろの席で震えていたと思います。

 当時はマラリヤなどの予防注射をして、出国したと記憶していますが、やはり感染の恐怖というものがあったと思います。

 1980年ですので、エイズがほぼ蔓延しだした頃だったのですが世の中にはまだエイズ自体を確認されていない時期だったのですが、すでに蔓延していたようです。

 小さなヘリのキャビンでは、感染は避けられないとは思いましたが、かかったらかかったでしょうがなという気持ちでした。

 今の新型コロナ肺炎の患者さんをドクターヘリで運べば、ほぼ感染する確率は大変高く、ヘリは消毒、乗員は2週間の隔離となることでしょう。

 救急車は搬送しないとか情報がありますし、クルーズ船から搬送した救急隊員や医療関係者が感染したという例もあるようですから、万全の防護体制で臨んでも危険がいっぱいのようです。

 当時はほとんど感染症の知識もなく、恐怖も一時的なもので、気安く引き受けて30分も載せて飛びましたが、たぶん関係者はマラリヤ程度だと軽く見ていたのでしょう。

 その子が無事回復したか、不幸にして亡くなったかの情報もなく、毎日忙しく飛び回っていてほとんど気にもしないで過ぎて行ってしまいました。

 その時の写真が2枚残っているだので、思い出せたのですが、タンカは木の棒と布製のにわか作りです。

 ドクターヘリ、防災へリの原点で、ヘリがなければ舟で1日かかりで町までかかりますので、ヘリで助かっていたらその少女はすでに50歳近くなっていることでしょう。

馬淵議員は救急医療改革の先導者となるか?、、

和歌山ドクターヘリ (1396)

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000045-mai-pol 

 昨年の11月4日夕刻にに紀伊半島奥地の国道で交通事故を起こしてドクターヘリで搬送された、奈良県選出の衆議院議員、馬淵澄夫さんが正月明けの4日に無事退院し、政務に復帰するとのニュースからすでに10日過ぎました。

 私は野党を支持していませんので、深い思いはないのですが、もしドクターヘリが飛ばなければ、内臓損傷の重症で、奈良医大まで2時間以上の搬送に耐えて生きていることができたかは、相当危ういところでした。

 というのは北山村あたりは救急車が少なく、通報から収容まで1時間かかることも珍しくなく、それから奈良医大へ向かえば3時間かかる可能性もありました。

 馬淵氏は国政の議員としてはほぼ初めてドクターヘリの効果で救命された可能性が高いのですが、果たして彼が自らの貴重な体験をもとに、過疎地域などの救急医療などに強い関心を持って、改革にまい進する議員になってくれるか、報道を見ていると言うとどうもそのような強い発言はなかったように思いました。

 事故が起きるのがあと30分遅ければ夜間飛行をしないドクターヘリでの搬送はなく、死んでいたかもしれませんので、ドクターヘリの夜間飛行に強い関心を持ってもよさそうですが、そのような発言はなかったのでしょうか。

 ドクターヘリや防災ヘリ、消防へリの普及導入は政府与党の仕事で、特にドクターヘリは公明党が自分の手柄のように言いふらしていますので、野党の馬淵議員はそれには乗れないというところでしょうか。

 そのような小さな肝っ玉なら国会議員としては情けないお人柄のようです。

 もともと事故の時のニュースで運転は奥様がしていたということなのですが、奥様は元走り屋という情報もありましたし、議員は僻地の集会で飲酒していた可能性も疑われます。

 議員は運転していなかったという情報ですが、運転していない人が突然の事故で手首を折る可能性は低く、ハンドルを握った状態で何かに激突すれば手首を損傷する可能性は非常に高いでしょう。

 つまり議員はいろいろな事情で、事故のことや救急医療のことにあまり触れたくないのではないかと疑ってしまいます。

 5年間のドクターヘリ勤務で政治家が数回以上は視察に来ましたが、ほとんどドクターヘリのことを知らない、知識がない公明党議員ばかりで、野党はゼロ、自民党すらたぶん来なかったと思います。

 つまりドクターヘリは政治家の業績評価の道具であり、公明党しか見向きもしないということになります。

 ならば野党の議員ならドクターヘリで救命されても、小さい声でありがとうございましたいう程度で、メディア向けにはその話はご法度ということなのでしょうか。

 つまらない政治屋ですね
プロフィール

bell214b1989

Author:bell214b1989
35年間のヘリパイロット生活 
最終5年間はドクターヘリでした。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
その他
19位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR